IWC アイ・ダブル・シー(IWC)の腕時計レンタル・通販一覧

1868年にエンジニアであり、時計師でもあったアメリカ人、フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズによって時計製造の中心地であるスイスのシャフハウゼンで創業したブランド、IWC。 正式名称「International Watch Company」の各頭文字がブランド名の語源といわれています。 ジョーンズは、近隣にあるライン川の水力発電所の電力を利用して部品製造機械を動かし、最高品質のポケットウォッチ・ムーブメントの大量生産が可能な工場を建設します。 当時、シャフハウゼンに拠点を構えたIWCは唯一ドイツ語圏にある時計メーカーとなります。 シャフハウゼンはスイスにありながらドイツ語圏ということもあり、IWCで働く従業員たちは必然的にドイツ人気質な人々が多かったそう。 そんなことも相まって、IWCは「質実剛健な物作り」と「シンプルなデザイン」の二つの特徴を持ったドイツ的な時計と言われるようになりました。 通常、便利な機能やお洒落なデザインを思いつけば足していきたくなる。 そんな中、余分な装飾やデザインを一切そぎ落としたシンプルさに、とことん追求したクオリティで勝負する腕時計ブランドとしてIWCは一躍有名になりました。 IWCのラインナップは?「ポルトギーゼ」「パイロットウォッチ」「ダ・ヴィンチ」「アクアタイマー」「インヂュニア」「ポートフィノ」の6つのシリーズで構成されています。 それぞれのモデルにコンセプトがありますが、どの時計にも共通している点はシンプルさ。 見やすく洗練されたデザインが上品さを演出してくれるため、普段のビジネスシーンだけではなく、ここぞと言う大事な場面でも活躍してくれるため、ジャケットやシャツ等を合わせたドレスなスタイルにオススメです。

MODEL LIST IWC商品一覧

絞り込み結果

絞り込み

絞り込み

商品区分

プラン

性別

手首サイズ

ケースサイズ

メンズ

レディース

重さ(ベルト込み)

メンズ80g以下
レディース30g以下
メンズ224g以上
レディース104g以上
       

素材

ムーブメント

カレンダー

クロノグラフ

IWC ポルトギーゼ 7デイズ シルバーのユーザーレビュー
5

2021.07.25

しーもさん 30代 男性

7デイズは心強い

パワーリザーブが7日間はとても長いし心強いです。
巻き心地はしっかりとした感覚はありつつ、嫌な抵抗感や硬さがないので、癖になる巻き心地でした。ただ、7日間のパワーリザーブと自動巻のおかげで、殆ど巻く機会もなく

一点気になったのは厚みで、iwcは自社ムーブメントが厚めのためか、本機もクロノグラフのように厚い印象でした。
時計としての存在感はしっかりとあるので、この厚みも考えようだと思います。好みの範疇だと思いますが、事実として3針自動巻としては厚めのモデルです。

1868
ボストン出身の時計職人フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズがスイスにIWCを創立。
1885
時と分をデジタル表示する革新的技術"パルウェーバー・システム"を搭載したポケットウォッチ第一号を出荷。
1899
記録されている最初のIWC製腕時計が市場に登場。
1915
IWC初の腕時計専用ムーブメント、キャリバー75、キャリバー76を開発。
1931
新設計のトノー型ムーブメント、キャリバー87を搭載したレクタンギュラー型の時計を制作。
1936
IWC初のパイロット・ウォッチを発売。
1939
2人のポルトガル商人が注文したことをきっかけに名作「ポルトギーゼ」が誕生
1948
キャリバー89を搭載したモデル「パイロット・ウォッチ・マーク11」を発売。
1955
ドイツ語で”エンジニア”を意味する耐磁製を重視して開発されたモデル「インヂュニア」を発売。
1967
IWC初のダイバーズ・ウォッチモデル「アクアタイマー」を発売。
1984
独自の古典的な雰囲気を持つデザイン 「ポートフィノ」を発売。
スイス流とドイツ流
スイスの中でもドイツにほど近い北東部に位置しているためか、スイス流とはどこか一線を画していることが特徴。ドイツ職人らしい質実剛健な気質が特徴で、「見やすい」「正しい」「末永く愛用できる」といった、時計本来の価値を一貫して守り抜いています。
永久修理
通常の時計メーカーは生産終了してからしばらくすると、修理を受け付けなくなりますが、IWCは期間を問わず「永久修理」を受け付けています。