OMEGA オメガ(OMEGA)の腕時計レンタル・通販一覧

日本で古くから知られるスイス時計の代表ブランド、OMEGAは1848年に創業しました。 1880年には工場を設立して工房から、本格時計メーカーへと転換し、年間10万個の腕時計を生産するスイス最大手の腕時計メーカーとして成長します。 1894年には「究極」という意味を込められた「Ω(Omega)」と名付けられたムーブメントを発表し、1903年に社名をOMEGAに変更し、OMEGAブランドが始まりました。 その後、OMEGAは天文台の制度コンクールで数々の新記録を樹立したり、オリンピックでの公式計時を務める等により、「精密時計のオメガ」という名声を確立します。 そして、1940年代から現代の代表的コレクションとなるモデルが次々に開発されました。 革新的な防水設計の「シーマスター」、天文台の観測ドームを現した「コンステレーション」、回転ベゼルを備えたプロフェッショナル・ダイバーズウォッチ「シーマスター300」、そしてモータースポーツ用に視認性を高めたモデル「スピードマスター」。 数ある傑作の中でも永遠に語り継がれる伝説を残したのが、「スピードマスター・プロフェッショナル」。 人類が初めて月に降り立った時に、アポロ11号の宇宙飛行士が着用していたのがこの腕時計。 宇宙環境を想定した過酷なテストを唯一クリアし、宇宙で通用する高性能腕時計として認められたスピードマスターは後に「ムーンウォッチ」と呼ばれるほどに。 高性能なムーブメントに加えて、背景に多くの魅力的な歴史とストーリーを持つことで知られるOMEGAは今もなお多くの人に愛されるブランドです。

MODEL LIST OMEGA商品一覧

絞り込み結果

絞り込み

絞り込み

商品区分

プラン

性別

手首サイズ

ケースサイズ

メンズ

レディース

重さ(ベルト込み)

メンズ80g以下
レディース30g以下
メンズ224g以上
レディース104g以上
       

素材

ムーブメント

カレンダー

クロノグラフ

OMEGA シーマスターアクアテラクロノグラフNZL-32ホワイトのユーザーレビュー
4

2021.07.27

Kuさん 40代 男性

20年ぶりにオメガの時計を見ましたが、仕上げが丁寧ですね。人気があるのも納得。

1848
時計師ルイ・ブランがスイスに懐中時計の組み立て工房を設立。
1879
ルイ・ブランが死去、セザール・ブランが経営に参加する。
1882
本社を現在地のビールに移転。
1894
有名なキャリバー「オメガ」を制作。
1903
セザールが死去、ポール=エミーユ・プランが後を継ぐ。社名を「OMEGA」に。
1905
スイス内外における16のしぽーつイベントのオフィシャルタイムキーパーを務める。
1925
パリの現代産業装飾芸術国際博覧会に展示したモデル「アールデコ」がグランプリを獲得。
1930
TISSOT等とSSIHグループを結成。
1948
ブランド創業100年を記念し、防水モデル「シーマスター」を発売。
1952
空高く輝く8つの星にちなんだモデル「コンステレーション」を発売。
1955
OMEGA初の女性用自動巻き腕時計「レディマティック」を発売。
1957
外周ベゼルにタキメーターを表示した世界初の腕時計「スピードマスター」発売。
1965
スピードマスターがアメリカ航空宇宙局(NASA)の公式腕時計として採用される。
1969
人類初の月面着陸時に「スピードマスター」が着用され、「ムーンウォッチ」の称号を獲得。
1983
現在のスウォッチグループの前身にあたるSMHグループを結成する。
1999
時計界で実質的に初となる「コーアクシャル脱進機」を発表。
ジェームス・ボンド
1995年公開のGOLDEN EYEからジェームズ・ボンドが登場する全作品でOMEGAのシーマスターを着用しています。
ミハエル・シューマッハ
F-1ドライバーのミハエル・シューマッハがオメガの大ファンである事をテレビ番組で知ったオメガの社員がオファーをし、個人スポンサー契約を結ぶ。現役時代はもちろん、引退後もその偉業を称えて記念限定モデルが発表されている。
オリンピック限定モデル
オリンピックスペシャルモデルとして、メダルの色を彷彿とさせる3本の「オリンピック オフィシャル タイムキーパー クロノグラフ」を限定製造。ケースバックには限定番号だけでなく、オリンピック ロゴがエングレービングもケースバックには限定番号とオリンピックロゴが彫られている。これは、オメガが長期間、オリンピックの公式計時を務めていることを表しています。