IWC パイロットウォッチの腕時計レンタル・通販一覧

IWCがパイロットウォッチを軍用に開発したのは1936年と言われています。パイロットウォッチとはその名の通り、ケースの気密性の高さや困難なパイロットの環境でも使用できるように夜光塗料等で視認性を高められた、機能性と優れた視認性を持つパイロット向けの腕時計のことを指します。IWCのパイロットウォッチはデザイン面は飛行機の計器類をモチーフにした風貌、機能面では耐加重性などにも優れた物であったことから、当時英国空軍にも採用されていたほどのスペックを誇る優れた物でした。IWCが発表した最初のパイロットウォッチモデルはは「スペシャル・パイロット・ウォッチ」と呼ばれ、マークという名称がパイロットウォッチにつけられたのは1948年に発売された「マーク11」からです。マークとは、イギリス空軍が使用していた軍用語であり、マーク1やマーク2等は時計ではなく軍用機器の名称として使用されていたそうです。その後、マークシリーズは13,14を飛ばして1999年に「マーク15」、2006年に「マーク16」、2012年に「マーク17」と続き、2016年に「マーク18」を発表しました。パイロットウォッチには戦闘機のエングレービングが施されたスピットファイヤやクロノグラフなどのシリーズもあり、これらの豊富なバリエーションから好みのものを選べるのがポイント。パイロット向けのモデルであることから一般の方々がデイリーユースで使用する際にも非常に満足感の高いシリーズです。

絞り込み結果

絞り込み

絞り込み

商品区分

プラン

性別

手首サイズ

ケースサイズ

メンズ

レディース

重さ(ベルト込み)

メンズ80g以下
レディース30g以下
メンズ224g以上
レディース104g以上
       

素材

ムーブメント

カレンダー

クロノグラフ

IWC パイロットウォッチマーク15デイトブラック(※社外ベルト)のユーザーレビュー
4

2021.09.25

トム さん 40代 男性

サイズ感、、、

38mmの時計のサイズ感を確認したくお借りしました。結果、腕にしっかりフィットして時計の装着感はほとんど無いような自然なつけ心地でした。見た目もシンプルで素敵な時計でした。

もっと見る

1948
パイロットウォッチ マークシリーズの初代「マーク11」誕生。
1994
初めて民間向けに発売されたマークシリーズである「マーク12」を発表。
1998
スピットファイアをラインナップに加えた「マーク15」を発表。
2000
ケースサイズを大きくした「マーク16」を発表。
2012
カジュアル用途に寄せたモデル「マーク17」を発表。
2016
マイナーチェンジを施した現行モデル「マーク18」を発表。
文字盤のマーク
文字盤12時方向に三角形のマークがあるのがマークシリーズの特徴です。このマークは英国軍が所有する軍用時計のマークであり、IWCと英国軍との関係の強さが感じられます。