OMEGA スピードマスターの腕時計レンタル・通販一覧

スピードマスターが初めて誕生したのは1957年。同年、オメガが発表した3つのマスターシリーズの一つがスピードマスターです。防水性能を備えたシーマスター、耐磁性能を備えた鉄道時計のレイルマスターとは異なり、スピードマスターはモータースポーツ用の腕時計として誕生しました。スピードマスターは、ダイヤルではなく外周ベゼルにタキメーターを表示した世界初の腕時計といわれており、当時画期的といわれたこのデザインは、視認性を高めたことにより、多くのレーサーが着用する時計となりました。スピードマスター誕生2年後の1959年、スピードマスターはマイナーチェンジが施された2ndモデルが誕生します。そしてこの2ndモデルは、1962年に実施された初めての有人宇宙飛行計画において、宇宙飛行士であるウォルター・シラーが個人的に着用したことから、初めてオメガ製の腕時計が宇宙遊泳を果たしました。その後、1965年にNASAの宇宙飛行士用標準装備としてスピードマスターが正式に採用されると、1969年、人類が初めて月面着陸をしたときに装着された時計として大きな話題を呼びました。これを受けて、1970年頃から裏蓋に、今もお馴染みの「THE FIRST WATCH WORN ON THE MOON」の刻印がムーンウォッチの称号を獲得したスピードマスター プロフェッショナルに入るようになりました。これらの輝かしい歴史を持つスピードマスターシリーズは実用的且つ壮大なスケールを感じられる腕時計です。

絞り込み結果

絞り込み

絞り込み

商品区分

プラン

性別

手首サイズ

ケースサイズ

メンズ

レディース

重さ(ベルト込み)

メンズ80g以下
レディース30g以下
メンズ224g以上
レディース104g以上
       

素材

ムーブメント

カレンダー

クロノグラフ

OMEGA スピードマスターデイトグレーのユーザーレビュー
5

2021.09.25

ハル さん 30代 男性

憧れのスピードマスター

スピードマスターに憧れがあり、レンタルしました。やはり最高の時計でした。次は自分で購入したいです。

もっと見る

1957
モータースポーツ用の時計として初代スピードマスター誕生。
1959
針の形状をアロー針からアルファ針にモデルチェンジした第二世代モデル発表。
1962
宇宙飛行士ウォルター・シラーが宇宙遊泳時にスピードマスターを着用。
1963
NASAのテストに合格した第三世代モデルを発表。
1965
リューズガードを搭載した第四世代モデルを発表。
1968
Cal.861を搭載し、より精度を上げた第五世代モデルを発表。
1969
月面着陸時に第五世代モデルが着用される。
1996
Cal.1861を搭載した第六世代モデルを発表。
2014
第六世代モデルを発表。新品購入の際に豪華な付属品の進呈開始。
2021
現行モデルとなる第七世代モデルを発表。
「THE FIRST WATCH WORN ON THE MOON」
1969年、人類初の月面着陸の際にアポロ11号のクルーが身に着けていた時計がスピードマスターだったことから、スピードマスターはそれ以降「ムーンウォッチ」と呼ばれるようになりました。そのため1970年頃から裏蓋に「THE FIRST WATCH WORN ON THE MOON」の刻印が刻まれるようになりました。