ZENITH ゼニス(ZENITH)の腕時計レンタル・通販一覧

ゼニスは、1865年にジョルジュ・ファーブル=ジャコが22歳という若さで「これまでにない精度をもつ最高級の時計を製作すること」を掲げ、その夢を実現するために、スイスのル・ロックルにて創業されました。 最高の時計を製作するためには製造工程をすべて一つの場所で作り上げることが必要だと思い、時計界初のマニュファクチュール製造施設を建設します。 その後、次々と製造された、高い品質と精度を誇るゼニスの時計は評価され、ゼニスはわずか創業10年で1875年に従業員1,000名の大企業に成長し、一躍スイスのトップブランドになりました。 ゼニスとは元々ムーブメントに付けられた名前で「天頂」を意味する天文用語でしたが、1900年のパリ万博において金賞を受賞したことをきっかけに社名もゼニスに変更します。 「天頂」は、輝く星を意味し、星マークがブランドのロゴにも使用されています。 そんな輝く星のような高級時計を理想にし、ゼニスは拘った物作りに励み続けます。 20世紀に入るとコストパフォーマンスが重用される時代になり、多くの時計ブランドが自社製ムーブメントから他社製ムーブメントへの採用に切り替えます。 そんな中、ゼニスは最高級の時計を制作する理念に基づいて自社ムーブメントに拘り続けた結果、1969年に新型ムーブメント「エル・プリメロ」の製造に成功します。 エスペラント語で最初と最高という意味を持つエル・プリメロは、36,000振動のハイビートに0.1秒まで計測可能な高性能クロノグラフ機能を備えた活気的なムーブメントとして、ゼニスの歴史の中でも革新的なものとなりました。 エル・プリメロの開発で世界的ムーブメント製造メーカーとしても評価されたゼニスは、計時精度の分野においては2,333もの賞を受賞するという歴史的記録を樹立します。 現在全ての時計のムーブメントを自社開発しているマニュファクチュールメーカーでもあるゼニス。 21世紀に入ってからのゼニスは現在はエルプリメロ/エリートの2大看板ムーブメントを軸とし、シンプルかつ優雅なデザイン性をウリに「クロノマスター」「クラス」「ポートロワイヤル」「スター」などのコレクションを展開しています。 「天頂」に向かって今尚新たな伝説を切り開くゼニスの腕時計。本格志向の方はぜひ一度手に取ってみてください。

MODEL ゼニス(ZENITH) モデル別一覧

  • エル・プリメロ

    エスペラント語で最初と最高という意味を持つエル・プリメロは、36,000振動のハイビートに0.1秒まで計測可能な高性能クロノグラフ機能を備えた活気的なムーブメントです。現在も最も精度の高いムーブメントとして知られるエルプリメロ搭載のモデルをぜひ一度オタ名ください。

MODEL LIST ゼニス(ZENITH) 商品一覧

絞り込み結果

絞り込み

絞り込み

商品区分

プラン

性別

手首サイズ

ケースサイズ

メンズ

レディース

重さ(ベルト込み)

メンズ80g以下
レディース30g以下
メンズ224g以上
レディース104g以上
       

素材

ムーブメント

カレンダー

クロノグラフ

BLOG ゼニス(ZENITH)のブログ

ZENITH クラスエルプリメロデイトホワイト(※社外ベルト)のユーザーレビュー
5

2021.09.11

こここ さん 20代 男性

腕にフィットする

かなり軽くつけていてストレスがありません。また腕時計を外した時に見えるエルプリメロのムーブメントがすごくかっこいいです。

もっと見る

1865
ジョルジュ・ファーヴル・ジャコがスイスのル・ロックルに時計界初のマニュファクチュール工場を設立コンセプトは「これまでにない精度をもつ最高級の時計を製作すること」
1875
創業わずか10年で従業員1000名の大企業に。
1900
パリ万博で懐中時計用ムーブメント「ゼニス」が金賞を受賞。
1910
航空機などに搭載する計器類製造を開始する。
1911
社名をゼニスに変更する。
1948
天気式の最高峰ともいわれるクロノメーターキャリバーCal.135を発表。235もの賞を受賞する
1969
36,000振動(1秒間に10振動)するハイビートに0.1秒まで計測が可能な世界的傑作ムーブメント「エル・プリメロ」を制作。
1975
クォーツ・ショックによる経営難に陥り、別会社に買収され、機械式時計事業からの撤退を決定。
1978
スイスのDixiに買収される。
1984
機械式時計の製造を再開。エル・プリメロのを様々なブランドに提供する。
1994
超薄型ムーブメント「エリート」を発表。
2000
LVMHグループに加入。
2010
7.6mmの薄型時計「エリート ウルトラシン」を発表。
ゼニスの社名
「天頂」を意味しており、天頂に輝く星に例えられる高級時計を理想に描いている。
時計製造再開の背景
買収された際、クォーツウォッチのみを生産することになるが、時計職人のシャルル・ヴェルモが破棄を命じられた機械式時計の設計図や部品を廃棄せず画したため、後に製造を復活させることができたそう。