EDOX エドックス(EDOX)の腕時計レンタル・通販一覧

ダイバーズウォッチを得意とするスイスの老舗ブランドであるエドックス。 そんなエドックスの歴史はスイスの優秀な時計職人、クリスチャン・リュフリ=リフーリが、妻に25歳の誕生日に懐中時計を贈ったことがきっかけに始まります。 もらった懐中時計の美しさに感動し、妻が時計ブランドを立ち上げました。 結婚を機に独立し、1884年にエドックスが誕生することとなります。 ブランド名のエドックスは古代ギリシャ語で「時間」を意味し、砂時計のデザインを採用したロゴマークは、100年以上が経つ今なおエドックスの誇り高い公式ロゴになっています。 エドックスは防水性能を高めることに注力し、たくさんのダイバーズウォッチを手掛けます。 今でも各ブランドが手掛ける防水機能を持つ腕時計はほとんどねじ込み式リューズを主流としていますが、エドックスは1961年にねじ込み不要のリューズで200m防水の時計を製造を可能にしました。 エドックスは「ダブルオーリング」という機構を用いることで、リューズやクロノグラフ用の内部にO型のパッキンを取り付け、時計の気密性を高め防水性能を上げる事に成功しました。 その高い技術力は時代が進むにつれ進歩し、現在では500mの防水性能をもった時計の製造も可能にしました。 1980年代前半に独立して以降、エドックスはスイスでも数少ない”独立系の時計ブランド”として現在も数多くの商品を手掛けています。

MODEL LIST EDOX商品一覧

絞り込み結果

絞り込み

絞り込み

商品区分

プラン

性別

手首サイズ

ケースサイズ

メンズ

レディース

重さ(ベルト込み)

メンズ80g以下
レディース30g以下
メンズ224g以上
レディース104g以上
       

素材

ムーブメント

カレンダー

クロノグラフ

EDOX EDOXメンズ腕時計ブラック/ゴールドのユーザーレビュー
4

2021.06.19

らいすさん 40代 男性

デザインとクロノグラフのギミック

クォーツではありますが、デザインが個性的で、ジャケットスタイルのリストにも合います。ラバーベルトで夏も快適です。クロノグラフですが、秒針は逆時計回りに動きます。30sでまた12時に戻ります。9-3に0-30までの目盛りが切ってありますが、これが何を表しているのかが分からない・・・

1884
妻の誕生日に自身がデザインして作った懐中時計をプレゼントしたことがきっかけとなり,EDOXを設立
1900
時間を意味することから砂時計のロゴデザインを採用。
1961
世界初、ねじ込み不要のリューズで200mの防水性を誇る時計「デルフィン」を発表。この特別な機構は「ダブルオーリング」と名付けられ、特許を取得する。
1965
更に進化した500m防水時計「ハイドロサブ」を発表。
1970
世界主要50都市の時刻を同時表示する、世界初のワールドタイムウォッチ「ジオスコープ」を発表。
1998
カレンダー機能付きながら厚さ1.4mmの世界最薄ムーブメントを開発。
2007
スーパースポーツカー「ケーニグセグ」とパートナーシップ締結
2008
海のF1とも呼ばれるパワーボートレース「クラスワン」の公式タイムキーパーに就任
2013
「ワールド カーリング フェデレーション(WCF)」の公式タイムキーパーに就任
防水テスト
スイスブランドでも数社しか所有していない、1600m防水まで検査可能な特別な検査機を用いてテストを行っています。これにより外部の防水テストを頼まなくていいことから、高いコストパフォーマンスの実現を可能にしています。
レザーストラップ
基本的なダイバーズウォッチは潜水計器として生まれた時計のため、ストラップにもラバー等の防水性に優れた物を使用することが多いです。ところがエドックスは、レsザーストラップもラインナップに加えており、街での着用にも対応可能なダイバーズウォッチという新しいブームを作ることに成功しました。