腕時計のベルト交換をするにあたって知っておくべきこと

腕時計を愛用している人はベルト交換をする機会があるでしょう。長く腕時計を使っていると、ベルトが汚れてしまったり壊れてしまったりすることもあります。気分転換のためにベルトを別のものに交換する人も多いです。ここでは腕時計のベルト交換にかかる費用と、自分で行う方法について説明していきます。

この記事は約5分で読み終わります。

ベルト交換の値段

腕時計のベルト交換は腕時計のメーカーか修理店に依頼できます。メーカーに依頼するのは、主に高級腕時計の場合です。特に交換用のベルトは用意する必要はありません。交換用のベルトはメーカー純正のものを使用します。ただし、メーカー純正のベルトは値段が高いです。

メーカーの技術者が交換作業をするので工賃もかなりかかるでしょう。高級腕時計なら交換用のベルトは7万円から8万円前後のものが多いです。腕時計の種類によってはもっと高額な場合もあります。工賃も加わることを考慮すると、メーカーに依頼した場合の相場は安くても10万円以上だと考えておくといいでしょう。

また、海外メーカーで修理拠点が日本国内にない場合には、海外の修理拠点に送ってベルト交換を行います。そのため、日数もかなりかかることが多いです。

修理店の相場はメーカーと比べると、驚くほど安いです。店にもよりますが、ベルトをあらかじめ用意して持ち込めば1,000円から2,000円程度の料金でベルト交換をしてくれます。交換用のベルトは純正ベルトだと高いですが、純正にこだわらなければ安く買えるベルトも多いです。

数千円くらいでも良いベルトはたくさんあります。ベルトそのものの値段と交換費用を合わせても3,000円から5,000円くらいが相場でしょう。修理店で交換用のベルトを購入すると、交換料金が無料になるお店も多いです。

目次へ

自分でベルト交換はできなくはない

修理店で時計のベルト交換をやってもらうと、その場ですぐに終わります。もしかしたら自分でもできるのではないかと考える人もいるでしょう。実はその通りです。時計のベルト交換は、必要な道具さえあれば、特に難しい作業ではありません。

ベルト交換に必要なモノはバネ棒外しと交換用の新しいベルトだけです。バネ棒外しは片方がI字型でもう片方がY字型になっています。ベルトは金属製のものと革製のものがありますが、いずれもバネ棒外しがあれば交換可能です。腕時計の本体部分とベルトが接合している部分をよく見てみましょう。

小さな金属製の棒で固定されているのが確認できます。この小さな金属製の棒がバネ棒です。バネ棒の端の方には小さな窪みが付いているので、バネ棒外しのY字の部分を引っかけます。そして内側の方に向かって力を加えましょう。

バネ棒は両端のどちらかに力が加わると縮む仕組みになっているのでベルトが外れます。ちょうどトイレットペーパーホルダーと同じような構造です。外側に小さな穴が空いているタイプの腕時計もあり、バネ棒外しのI字の方を穴に差し込んで押すとバネ棒が縮んでベルトが外れます。

外したベルトからバネ棒を取り出したら次は新しいベルトを取り付けましょう。新しいベルトに取り出したバネ棒を入れます。古いベルトを外した部分をよく見てみると、バネ棒が填まるように小さな溝が左右に付いているので、どちらか片方にバネ棒を差し込みましょう。もう片方の端の方は指で押して縮ませた状態で押し込みます。

後は軽く動しながら溝の部分に填めるだけです。新しいベルトを取り付ける際には上と下を間違えないように注意しましょう。金属ベルトも革ベルトも尾錠が付いている方を上にするのが一般的です。

※なおKARITOKEでは、ご自身でのベルト調整は破損にもつながりますので禁止としていますので、ご注意ください。ご自身で購入された場合は、ベルト交換等楽しめると思います!

目次へ

自分でベルト交換をするメリットとデメリット

しかし、自分で行う場合には誤って傷を付けてしまう可能性があるのが、デメリットのひとつでしょう。腕時計のベルト交換をするのに慣れていない人だと、手元が狂ってバネ棒外しの先っぽを腕時計本体に擦ってしまうこともあります。

高級腕時計の場合には、傷が付いていると価値が大きく下がってしまいます。せっかくの高級腕時計も傷があると、あまり格好は良くないでしょう。高い腕時計ほど、傷を付けてしまったときのショックが大きいです。

飽きてきて中古とした買取に出した場合にも、あまり高い値は付かない場合が多いです。比較的安価な腕時計なら、自分でベルト交換するのもいいですが、高級腕時計の場合にはメーカーか時計修理店に依頼するのが無難でしょう。

ベルト交換には、こういったデメリットもあるのでもしたくさんのベルトを試したいと考えているのであれば、腕時計ごとレンタルしてしまうのもおすすめです。ベルトはもちろん、時計のデザインやブランドも豊富に取り揃えているのでいろいろ楽しみたいと考えている時計好きな人は、ぜひレンタルも頭に入れておきましょう。

目次へ

まとめ

腕時計のベルト交換は必要な工具も少なく、実際にやってみると意外と簡単です。ベルトを複数持っていれば、ファッション感覚で取り替えるのもいいでしょう。冬場は革ベルトにして、汗をかきやすい夏場はステンレススチールのベルトにするのもありです。

自分でベルト交換する方法を覚えれば、腕時計をより一層楽しめます。ただ、作業の際には傷を付けたり、部品をなくしたりしないように慎重に行いましょう。

レンタル腕時計サービス KARITOKE

お好きな腕時計を月額制でレンタルすることができる新しいサービスです。憧れの腕時計をシーンや気分に合わせてファッション感覚で楽しむことができます。

・返却期限無し、メンテナンス不要。商品が届いたその日からお楽しみいただけます。

・3,980円から19,800円のプランまで、商品のランクに合わせて 4 つのプランで展開しております。

KARITOKEで時計を借りたい方はこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう