BREITLING ナビタイマーの腕時計レンタル・通販一覧

ブライトリングを代表する人気コレクションであるナビタイマーは1952年に、先に発表していた「クロノマット」に改良を加えたモデルとして誕生しました。航空を意味するナビゲーションとタイマーという二つの単語を掛け合わせて名付けられたナビタイマーは、クロノマットの改良により新しく航空用計算尺を装備したクロノグラフウォッチとして、AOPA(世界パイロット協会)認定の公式時計に採用され、航空時計として高い支持を獲得しました。計算尺とはアナログ式の計算用具のことで、航空士が上空で行う速度や燃費、距離などの航空計算を腕時計で即座に行うことを可能にしました。デビュー時は手巻き式のムーブメントでしたが、1969年に自動巻きのモデルをリリースすると、計器のようなデザインはそのままに、ロングパワーリザーブ機能やカレンダー機構の搭載などさらなるスペックアップと共にたちまちブライトリングの人気シリーズに成長します。その後もインダイアルのカラーが異なる「ナビタイマー ヘリテージ」や、初代モデルを踏襲したようなデザインの「オールドナビタイマー」など、多彩なコレクションを展開し現在も人気モデルの一角を担う存在としてブライトリングを支えるナビタイマー。時計好きにはたまらない細やかなディテールを搭載していながら、男らしさも感じさせるナビタイマーをぜひ一度お試しください。

絞り込み結果

絞り込み

絞り込み

商品区分

プラン

性別

手首サイズ

ケースサイズ

メンズ

レディース

重さ(ベルト込み)

メンズ80g以下
レディース30g以下
メンズ224g以上
レディース104g以上
       

素材

ムーブメント

カレンダー

クロノグラフ

BREITLING ナビタイマーコスモノートフライバックブラックのユーザーレビュー
4

2021.09.23

うき さん 30代 男性

宇宙用プロフェッショナル時計

ブライトリングのアイコン的存在ナビタイマーは航空機パイロットの計器として開発されたものですが、
このコスモノートはその名の通り、
宇宙での使用を目的に作られています。無重力に対応する為手巻きを採用し、昼夜がない宇宙空間で時間が分かるよう24時間で針が一周する使用です。
当然、日常使いという点では時分等分かりづらいですが、宇宙へのロマン、歴史を感じる時計としては特別なモデルだと思います。
ブライトリングらしい、「プロフェッショナル用の計器」という無骨さがたまりません。

もっと見る

1952
回転計算尺を搭載した時計として初代ナビタイマー誕生。
1954
ナビタイマーの一般発売を開始。
1955
バルジュー72(傑作クロノグラフ)を搭載した第二世代モデル誕生。
1962
文字盤が24時間表記になった「コスモノート」を発表。
1964
文字盤のロゴを刷新した第三世代モデル「Ref.806」を発表。
1967
インダイヤルをサイズアップした第四世代モデル、デイト表示付きモデルを発表。
1968
ケースサイズを50mmにまでサイズアップした第五世代モデルを発表。
1973
キャリバー12を搭載したクロノマチック キャリバー誕生。
1973
クォーツショックにより、デジタル表記のクォーツモデル誕生。
1985
現行ロゴマークに刷新した「オールドナビタイマー」を発表。
2011
自社製クロノグラフ・キャリバー01を搭載した「ナビタイマー01」を発表。
世界パイロット協会の公式時計
初代ナビタイマーは多くのパイロットや搭乗員を支える働きをしたことから、世界パイロット協会であるAOPAの公式時計に認定されました。当時それほどまでに回転計算尺を搭載した時計は空で仕事をする方にとって大きな意味を持つものだったということが伝わってきます。