Apple Watchで健康管理ができる!機能や使い方をご紹介

職場の健康診断で運動不足を指摘されたら、Apple Watchを使って健康管理を始めましょう。Apple Watchなら身に着けるだけで、身体も運動も簡単に管理が可能です。 今回はApple Watchの健康管理機能について、わかりやすく解説していきます。

この記事は約5分で読み終わります。

Apple Watchに備わっている健康機能とは

最初に、Apple Watchの健康管理に役立つ機能を紹介していきましょう。 Apple Watch(アップル ウォッチ)はいわずと知れた、デジタル機器の最大大手、アップルが開発した、スマートウォッチです。未来型のウェアラブルコンピューターですが、見た目はスタイリッシュな腕時計でも、さまざまな機能を搭載。 さらにお手持ちのiPhoneと連動することで、スムーズに健康維持ができると人気を集めています。

心拍数

Apple Watchは腕時計のように手首につけて使いますが、本体に最新の光学式心拍センサーを搭載。目には見えない心拍数を自動で計測し、危険を察知します。 計測した心拍数のデータは、iPhoneのアプリである「ヘルスケア」に記録され、日々の変化をチェック可能。自分の心臓や血管の状態を把握する資料になるだけでなく、緊急時に医師の診断をサポートする健康記録としても活用できるため、健康管理に役立ちます。

ノイズアプリ

Apple Watchは周囲の騒音レベルを自動検知し、警告を与えるノイズアプリを搭載しています。普段何気なく耳にしている音は、聴覚や脳を刺激するもの。世界保健機関(WHO)も90デシベルの音を週に4時間聞き続けると、健康上のリスクがあると警告しています。 Apple Watchを最適な位置に持っていけば、聴覚に影響を与える危険なノイズを察知。騒音レベルをデシベルメーターでわかりやすく表示するため、聴覚へのダメージやストレス回避に役立つでしょう。

呼吸アプリ

Apple Watchはちょっと珍しい、息の吸い方をコントロールする呼吸アプリを搭載しています。呼吸は体が必要とする酸素を取り入れ、気分を穏やかにさせたり、集中力を高めたりと、心身を良い状態に整えるのに欠かせません。 画面に表示される花びらのようなアニメーションを見て、手首に伝わる振動を感じながらガイドに従って呼吸を整えていけば、メンタルアップに効果的。深呼吸を行う長さを自由に選べるため、初心者でも無理なく実践できます。

海外では転倒・落下検出機能で命拾いした例も

Apple Watchには緊急通報サービスに反映する、転倒・落下検出機能も搭載しています。これは内蔵したセンサーで利用者が転倒したことを察知する救命機能。実際に海外では、この機能を使って一命をとりとめた事例も発生しています。 転倒を検知した場合は手首の振動や警告音、画面メッセージで、怪我の有無を本人に確認。1分以上動きが見られない場合は緊急通報サービスや、登録された非常連絡先に通報して、命を救うために働きかける重要な役割を担っています。

Apple Watchで健康管理!どのように行う?

Apple Watchを使った健康管理の方法を解説していきます。 最新のデジタル機器と聞くと気後れしがちですが、Apple Watchは誰でも簡単に使える、使い勝手の良さにこだわった設計。タップ一つで簡単に運動や体の状態をチェック、記録して、健康管理ができるため、安心して活用しましょう。

「アクティビティ」で日々の運動を記録

Apple Watchを使って健康管理をするなら、「アクティビティ」で毎日の運動の記録をつけることから始めるといいでしょう。カロリー消費や距離、時間などの目標設定をして、ワークアウトの履歴も反映させれば、運動の達成度が一目瞭然。 過去のデータを更新していくことで満足度も高く、健康管理に対するモチベーションを維持できるでしょう。

「ワークアウト」で有酸素運動を記録

健康管理には運動が欠かせません。運動不足の解消や体重管理をする場合は、「ワークアウト」で運動データの記録を始めることをおすすめします。 運動の時間や距離、消費カロリーだけでなく、心拍数なども記録できて安全。脂肪燃焼効果の高いランニングや水泳、ヨガなど有酸素運動の実績を集中的に記録でき、適正な体重管理をサポートします。 Apple Watchのワークアウト機能については、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にして下さい。 ➡「apple watch ワークアウト」

「ヘルスケア」で自分の健康状態をチェック

健康のための運動はむやみやたらにすればよい結果が得られるというものではありません。「ヘルスケア」アプリを使って、自分の健康状態を総合チェックしましょう。 ヘルスケアではアクティビティやワークアウトで得たデータを集約。総合的に把握することで、栄養や睡眠などの適正化やマインドフルネス、病院を受診するときの健康情報として活用できます。 職場などの健康診断で再検査の診断を受けたときや、運動不足や体重、年齢が気になりだしたら、健康管理を始めるチャンスです。何から始めれば良いのか迷ったら、Apple Watchの健康管理機能を活用しましょう。 Apple Watchを健康管理に役立てるなら、腕時計のレンタルサービスがおすすめです。ブランド腕時計のレンタルサービス、KARITOKEでは、Apple Watchのレンタルを始めました。 健康管理に役立つ高性能な最新のデジタル機器でもリーズナブルに活用でき、万が一の保証付き。機械が苦手でも安心です。健康管理機能に対応したシリーズも取り揃えていますので、あなたも活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

Apple Watchは腕時計として時間管理に使えるだけでなく、高性能な計測器具として、運動の管理やストレス緩和など、幅広い健康管理に使える便利なアイテム。 レンタルという選択肢もあるため、あなたもApple Watchで健康管理を始めましょう。

レンタル腕時計サービス KARITOKE

お好きな腕時計を月額制でレンタルすることができる新しいサービスです。憧れの腕時計をシーンや気分に合わせてファッション感覚で楽しむことができます。 返却期限無し、メンテナンス原則不要。商品が届いたその日からお楽しみいただけます。 3,980円(税抜)から19,800円(税抜)のプランまで、商品のランクに合わせて 4 つのプランで展開しております。 ネットだけでなく、有楽町マルイ店、なんばマルイ店にて実際に商品を試着してからレンタルすることができます。