BREITLING クロノマットの腕時計レンタル・通販一覧

クロノマットは1942年に回転計算尺付きのクロノグラフ時計として誕生しました。回転計算尺を腕時計に搭載することで、世界ではじめて乗算・除算を即座に行うことを可能にしたクロノマットは、当時のパイロットにとっては画期的な腕時計として、空で仕事する多くの人々を支えました。その他にも、分単位の経過時間などの様々な計測が可能な逆回転帽子ベゼルには、ライダータブと呼ばれる4つの突起を搭載することで、グローブを着用したままでも腕時計の操作を可能にしました。プロのための計器として多くの空軍やアクロバットチームに採用されてきたクロノマットはさらなる改良を続け、1997年には積算計を見やすくしたクロノマットGTを発表。2004年には大型のケースに変更し、耐衝撃性と防水性を高めたクロノマット・エボリューションを発表するなど、モダンなデザインも取り入れ、その斬新さイタリアの時計ファンをも取り込むことに成功しました。あまり日常でパイロットと同じような機能性を腕時計に求めることは少ないですが、その技術力を身に着けているということに対してテンションが上がります。男性のロマンがつまった腕時計を、ぜひ一度お試しください。

絞り込み結果

絞り込み

絞り込み

商品区分

プラン

性別

手首サイズ

ケースサイズ

メンズ

レディース

重さ(ベルト込み)

メンズ80g以下
レディース30g以下
メンズ224g以上
レディース104g以上
       

素材

ムーブメント

カレンダー

クロノグラフ

BLOG クロノマットに関する記事

BREITLING クロノマットエボリューションホワイト/ゴールドのユーザーレビュー
5

2021.09.26

じゅん さん 20代 男性

素晴らしい

なかなかつける機会もないし、買うってなると失敗したくないから試せるのはすごく嬉しいです

もっと見る

1983
イタリア空軍のアクロバット飛行チーム用の腕時計として初代クロノマット誕生。
1984
一般向け商品としての発売開始。
1992
インダイヤルの縁を排除しマイナーチェンジ。
1994
ギョーシェ彫りを文字盤に入れ、インダイヤルの数字表記数を増やし、ディテールを変更。
1997
バーインデックスタイプの「クロノマットGT」、アラビアインデックスタイプの「クロノマット ヴィテス」誕生。
2000
クロノメーター認定を受け精度が向上した「クロノマット2000」誕生。
2004
防水性とケースサイズをアップした「クロノマット・エボリューション」を発表。
2009
自社開発クロノグラフムーブメントであるキャリバー01を搭載した「クロノマット44を発表。
2014
クロノマット誕生30周年記念モデル「クロノマット エアボーン」発表。
2020
ルーローブレスを搭載した「クロノマットB01」を発表。
キャリバー01
通常ほとんどの腕時計において、日付の変更を行ってはいけない時間帯(22~4時)がありますが、クロノマットに搭載されているキャリバー01は、この禁止時間帯においてリューズを操作しても破損が起こらない仕組みになっています。些細な操作性の向上が、国と国を行き来するパイロットを助けることに繋がっています。