自分に合う腕時計のサイズは?ケースサイズと手首の関係

実際に腕時計を身に着けるとやっぱり似合っていなかったということは多々あります。では自分の腕のサイズにあう腕時計を選ぶにはどうすればよいのでしょうか?今回は、自分の腕のサイズにあう腕時計を見つけるにあたって意識するべき点と、その一つの手段としての「レンタル」という方法も紹介します。

この記事は約6分で読み終わります。

男性が選ぶ自分にジャストサイズの腕時計とは?

まずメーカーが提示するケースサイズの大きさは、文字盤にベゼルなどの外装を含めた数値です。直径、縦幅、横幅など、どこで測っているかはメーカーによって異なりますが、主流は「直径」です。

一口に「メンズの腕時計」といってもケースサイズは35mmから44mmまで幅広くラインアップされています。日本人男性の手首周りは150mmから200mmくらいで、そのうち腕時計のケースが乗る「上から見た手首幅」は50mmから70mmほどです。

バランス良く見えるのは手首幅に対して6~7割のケースサイズです。例えば手首幅が50mmなら35mmまで、60mmなら42mmまでがちょうど良い大きさに見えます。

またケースサイズが大きい腕時計はカジュアル感が強い上に、ワイシャツの袖では隠し切れません。スーツに合わせるなら心持ち小さめのほうがスマートに見えるでしょう。

そう考えるとケースサイズが大きいパネライやウブロ、IWCは日本人男性の手首には大き過ぎます。

体が大きい海外の人に合わせてデザインされていますから、仕方ないかもしれません。最近はスイスのブランドを中心にケースサイズを大きくする傾向があります。

他のブランドでもクロノグラフを搭載したモデルや防水性を高めたもの、回転ベゼルが目立つものは手首を覆うくらい大きく見えてしまうでしょう。

腕時計を選ぶときは40mm以下のケースサイズを目安に、レディース向けも検討してみましょう。海外のブランドにはケースサイズが35mm前後で、男性が身に着けても違和感のないシンプルなレディースのモデルがたくさんあります。

もちろん腕時計に詳しくない限り、それがレディース向けだとは気づかれにくいものです。むしろメンズでも手首のサイズより大き過ぎるほうが悪目立ちします。またケースやリューズが手首や手の甲にぶつかるなど使い勝手も良くないでしょう。

もっともプライベートなら、意識して大き過ぎるケースサイズの腕時計を選ぶと個性的に見えるはずです。文字盤やベゼルが見やすいというメリットもあります。

目次へ

女性が選ぶ自分にジャストサイズの腕時計とは?

女性の手首周りは男性に比べると細めで、130mm~150mmくらいです。上から見た手首幅も40mmから50mmほどになります。

先ほどの男性の例に照らし合わせると、腕時計のケースサイズは26mmから35mmくらいが最適です。各ブランドともそれくらいのケースサイズが主流になっています。

例えばロレックスのレディースは26mmから39mmまでラインアップされています。小ぶりな26mmや28mmなら、ブレスレットのように身に着けられて大人の女性の魅力を引き立ててくれるでしょう。逆に37mmや39mmになると見た目がゴージャスで存在感もあります。

ただしビジネスシーンに限っていえば、あまりに小さいと物足りなく見えるかもしれません。さらに時刻も確認しづらいと不便でしょう。その場合はレディースよりも一回り大きい「ボーイズサイズ(ミッドサイズ)」を選ぶ方法があります。

ボーイズサイズはメンズとレディースの中間であり、サイズは33mmから35mmが中心です。

「ボーイズ」といっても決して男性用ではありません。サイズを分かりやすく表現しているだけです。そのためノベルティグッズのように男女問わず身に着ける可能性がある場合や、プレゼントなどに向いています。もちろん手首の細い男性が身に着けても似合うでしょう。

かつては各ブランドでボーイズサイズを展開していましたが、最近では時計販売店で独自に定義しているのがほとんどです。その中には各ブランドでメンズやレディースにカテゴライズされているものも含まれています。

メンズを選ぶときと同様、試着したり紙で再現したりするなどしてサイズを確認しましょう。

目次へ

自分に似合うサイズの腕時計がわからないならレンタルでお試しを!

どんなに手首周りに合った腕時計のケースサイズが分かっていても、実際に身に着けるとやっぱり似合っていなかったということは多々あります。

店頭で試着してもビジネスとプライベートのように服装が変わるだけで印象が違ってくるかもしれません。だからといって服装を変えて何度も店頭まで通うのは面倒です。

そんなときは腕時計をレンタルしてみましょう。KARITOKEは月額料金を支払うと無期限で腕時計をレンタルできて、他に気になる腕時計があれば月に1回だけ交換できます。

コースは4種類あり、最も高いエグゼクティブプラン(税抜19,800円)なら選びたい放題です。全部で40近くのブランドをレンタルできて、一部ですがレディース用もあります。

レンタルしている腕時計の詳細ページには直径のケースサイズが記載されているので参考になるでしょう。他にもベルトの最大サイズを確認できますし、手首のサイズを登録すると調節して届けてくれます。

数日間身に着けるとケースサイズの大きさやデザインが、自分の手首やファッションに合っているか分かるでしょう。合わないと感じたら別の腕時計に交換するのも簡単です。

もちろん、手が届かない高級腕時計もレンタルなら簡単に身に着けられます。普段使いとは別にパーティーやフォーマルなど特別なシーン向けの腕時計をレンタルする利用方法もあります。新しい腕時計の楽しみ方ともいえるでしょう。

目次へ

まとめ

腕時計のケースサイズは、上から見た手首幅の6~7割くらいにするのがバランス良く見えます。購入するときは試着するのはもちろん、その大きさに紙を切って手首に乗せてみましょう。

男性ならあえてメンズにこだわらず、ボーイズやレディースに目を向けると最適なサイズが見つかるかもしれません。レンタルして数日間試すと、より似合うサイズか実感できるでしょう。

レンタル腕時計サービス KARITOKE


お好きな腕時計を月額制でレンタルすることができる新しいサービスです。憧れの腕時計をシーンや気分に合わせてファッション感覚で楽しむことができます。

・返却期限無し、メンテナンス不要。商品が届いたその日からお楽しみいただけます。

・3,980円から19,800円のプランまで、商品のランクに合わせて 4 つのプランで展開しております。

・リアルショップを東京・有楽町マルイ8F、大阪・なんばマルイ 7Fにオープン。ネットだけでなく、実際に商品を試着してからレンタルすることができます。

KARITOKEで時計を借りたい方はこちらから

・ブランド腕時計を当社でお預かりし、レンタル商品として貸出された場合に月額料金の一部をお客様にキャッシュバックするサービス「KASHITOKE(カシトケ)」も開始しております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう