スマホ時代の今、腕時計の必要性って?

ビジネスマンたるもの、たしなみとして腕時計は必ずつけなければならないとされてきました。ですが最近では、腕時計を見ずともスマホなどで時間を確認できるため、腕時計は必要ないと考えている方も多いようです。 では、スマホ時代の今、腕時計は本当に必要なのでしょうか。マナーとしての腕時計の存在について考えてみましょう。

この記事は約7分で読み終わります。

スマホがあるけど腕時計は必要?

腕時計に手を添えている人

今や、ビジネスマンの必須アイテムとなっているスマートフォン。いわゆるスマホを複数台持ちしてビジネスに活用している方もいるでしょう。

スマホは、ボタンを押すだけで時計表示されるので、わざわざ腕時計をしなくても簡単に時間を確認できます。そのため、社会人であっても、腕時計に必要性を感じず着用しない人も増えてきています。

ですが、営業や接客業のようにお客様と直接接する仕事に就いている人にとっては、ビジネスマナーとしての腕時計が必要です。特に、仕事ができる男性は、スマートな腕時計を身に着けていますが、それにはこんな理由があるからといわれています。

・お客様の前でスマホを出すのは失礼

職種にもよりますが、例えば、お客様との商談の最中にスマホを触っていると、失礼でマナーがなっていないと捉えられてしまいます。

その結果、最悪のケースでは、商談不成立に終わることも。その点、腕時計なら少し腕を動かすことで、すぐに時刻を確認できて、相手に不快感も与えません。

・スマホよりも腕時計の方がお客様の信頼につながる(目上の人など)

若い世代では、スマホは当たり前の存在となっていますが、目上の人などの間では、時刻確認は腕時計、スマホは連絡手段としての認識が残っています。人によっては、会話内容だけでなく見た目や持ち物で身に着けている人の信用性を判断する方もいます。

このような環境では、腕時計をつけていると、持ち物に気を使っていて信頼がおける人間だと認められやすくなります。

・腕時計の方が時間認識に優れている

スマホで出てくる時計表示は、アナログ機能表示、もしくはデジタル表示となりますが、そのどれもがディスプレイ上に表示されるものであるため、見にくい時もあります。

腕時計は、文字盤上に時針、分針、秒針、そして、時計によってはクロノグラフ機能やデイト表示を備えているものもあり、時間の認識性に優れています。

また、針が動くことで時間の経過を把握しやすく、時間管理に向いています。結果として、できる男の仕事の効率アップにもつながります。

・取引先との話題作りになる

ビジネスマンにとって腕時計はステイタスであり、時計好きの方も多くいます。特に、目上の方はブランドや高級腕時計に精通している方も多いでしょう。

そんな方との話のきっかけになるのが、手元からちらりと見える腕時計です。時計好きが高じて話が盛り上がり、取引先や上司とのコミュニケーションにも役立つことがあるでしょう。

・アクセサリーとして着用できる

ビジネスシーンでは、スーツを着用するため、指輪やネックレスなどのアクセサリーはご法度です。ですが、唯一ファッションとして遊び心を楽しめるのが腕時計です。

高級腕時計の中には、ブレゲやフランクミュラーなどデザイン性に優れていて、アート作品としての魅力を持つモデルもあり、アクセサリー感覚で楽しめます。

・腕時計についての教養が身につく

腕時計ブランドには、さまざまな歴史があります。その過程で、発表されてきた作品を知り、腕時計の機構を知ることで、芸術者としての知識や教養を身につけられます。また、このような知識が、取引先との話題作りや評価にもつながり、商談にも結び付きます。

目次へ

上層部になれば高級腕時計が必要になってくる?

床に反射する腕時計

実業界やスポーツ界、芸能界など、俗にいう成功者と呼ばれる人たちは、高級腕時計にこだわり、コレクターとしてさまざまな高級腕時計を集めています。

どうして彼らは高級腕時計にこだわるのでしょうか。その必要性と魅力に迫ってみましょう。

・ステイタスを表すことができる

取引先との商談やお客様との接客の際、少なからず見られているのが着用している品です。例えば、スーツの生地が高級素材であるか、名刺入れの素材はどうか、腕時計は高級なものかといった身の回りの品は、着用している人の生活レベルを表します。

相手が高級腕時計をつけていることがわかれば、購入できるほどの収入があると推測できるため、接し方も変わってくるでしょう。

・電池切れの心配がない

ビジネスマンにとって約束の時間は厳守したいところ。仕事をしっかりとこなす必要がある経営者や企業上層部には、特段の厳格さが求められます。

ところが、時間確認にスマホを使っている場合、スマホの充電切れや不意の故障などでスマホが使えなくなった時に時間が確認できません。

その点、高級腕時計には電池が使われておらず、ぜんまいを巻くことで稼働しています。

ぜんまいは手動で巻くものと自動巻きのものとがあり、特に高級腕時計の多くでは、自動巻きのぜんまいが使われています。自動巻きのぜんまいは、着用時に自動で巻かれるので、手入れの手間がかかりません。

このように電池切れの心配がないのは、ぜんまいを搭載している高級腕時計の魅力といえるでしょう。

・資産価値がある

経営者や上層部の中には、資産として高級腕時計を購入している方もいます。例えば、業務上、急に資金が必要となった時のために、資産価値があり、換金性の高い高級腕時計を所有しているケースもあります。

また、レアなモデルであれば、発売後にプレミア価格がつくこともあるため、投資アイテムとしての魅力もあります。

・アクセサリーとして楽しめる

男性にとって、ビジネスシーンでのファッションは、例えば、ネクタイやネクタイピン、カフス、腕時計といった小物に限られます。

中でも、大ぶりで目立ちやすいアクセサリーとして活用できるのが、腕時計です。高級腕時計は、デザインが豊富でおしゃれなものも多いため、スーツ姿を彩るアイテムとして活用できるでしょう。

目次へ

必要性のある腕時計のブランドについてみてみよう

革ベルトの腕時計

ビジネスマンであれば、1本は持っておきたい高級腕時計ですが、具体的にどんなブランドのものが良いのでしょうか。必要性のある腕時計のブランドをご紹介します。

・ウブロ

スイスの高級腕時計メーカーで、社名は船の「舷窓(げんそう)」のフランス語読みに由来しています。ベゼルには、舷窓をイメージさせるビスが留められており、圧倒的なおしゃれ感を演出しています。

芸能人やスポーツ界の著名人とのコラボレーションも多く、ステイタスを感じさせるブランドです。

・カルティエ

フランスの高級腕時計メーカーで、宝飾品や革製品のブランドとしても有名です。フランスブランドらしく洗練されていて、優雅な気品を漂わせるデザインが多く、大人の男性の手元にそっと華を添えます。

・ブレゲ

1775年に発表された懐中時計を皮切りに、ビクトリア女王やナポレオンなど、歴史上の有名人物にも愛されてきたブレゲ。特に注目されているフランスの高級腕時計メーカーです。

まるで美術品のように美しいフォルムは、一見すると控えめですが、静かに存在感の大きさをアピールします。

・パテックフィリップ

スイスの高級腕時計メーカーで、1839年に創業以来、高級腕時計を発表し続けてきました。スイスの緻密な職人技術によって作られる腕時計は、高品質、高機能性が評価されています。

最高級のスイス時計の証となる「ジュネーブシール」の刻印が、全製品に施されており、国家的にも高品質性が保障されています。

目次へ

まとめ

スマホの利便性が向上する一方で、ビジネスシーンでの腕時計の必要性は変わりません。むしろ、高級腕時計の方が取引先やお客様へ向けての信頼性を高め、話題作りにも役立ちます。

高級腕時計ブランドの中でも特に注目しておきたいのは、ウブロ、カルティエ、パテックフィリップ、ブレゲです。これらの歴史ある高級腕時計ブランドは高価なため、購入に悩まれることもあるでしょう。

そこでご紹介したいのが、弊社の提供する月額制腕時計のレンタルサービス、KARITOKEです。

KARITOKEでは、定番モデルからレアモデルまで、さまざまな高級腕時計のレンタルをおこなっています。ご購入前の試しや短期間の利用に、ぜひご活用ください。

レンタル腕時計サービス KARITOKE

お好きな腕時計を月額制でレンタルすることができる新しいサービスです。憧れの腕時計をシーンや気分に合わせてファッション感覚で楽しむことができます。

・返却期限無し、メンテナンス不要。商品が届いたその日からお楽しみいただけます。

・3,980円から19,800円のプランまで、商品のランクに合わせて 4 つのプランで展開しております。