腕時計のガラス交換の費用やタイミング

愛用している腕時計のガラスの交換は、いつすべきなのかタイミングに迷いませんか。ひっかき傷が少しついた程度での交換は早すぎる気もしますし、費用面も気になりますよね。 では、腕時計のガラス交換は、どのタイミングですべきなのでしょうか。ガラス交換にかかる費用の目安についてもご紹介いたします。

この記事は約6分で読み終わります。

腕時計のガラス交換を行うタイミング

箱の上にのっている腕時計

腕時計を着用していると少なからず、日常的な傷が目立ってきてしまいます。物にあたってひっかき傷ができたり、表面が擦れたりすることもあるでしょう。浅くて軽い傷であれば、自宅での手入れも可能です。プラスチック用研磨剤で軽く磨くと、傷は目立たなくなります。

ところが、高級ブランドの腕時計など特殊なモデルは、ガラスに表面加工が施されている場合があります。そのため、自分で手入れをすると余計に傷ができる可能性があります。

そこで、特殊なガラスのモデルや高級時計などは自分で手入れせずに専門業者に交換を依頼するのが得策です。

ガラス交換をするタイミングとしては、次のようなケースが挙げられます。

・深い傷がついてしまったとき

パッと見たときに、はっきりわかるような深い傷は、自分で消すことは困難です。大きな傷があると、見た目的にも使いにくくなるため、交換しなければなりません。

・長年使用していて浅い傷がたくさんついているとき

腕時計を日常的に使っているだけでも、気付かないうちに細かな傷がついてしまいます。特に多いのが、小さなすり傷や浅い傷ですが、少しであれば目立ちません。

ところが、たとえ小さくて浅い傷でも、たくさんつくと目立ちますし、文字盤が読みづらくなるため、交換が必要となります。

・粉々になってしまったとき

ガラスには耐久加工が施されていますが、それでも強い衝撃を受けるとひびが入り、ひどい場合には粉々に割れてしまいます。ガラスがなくなると外からの刺激に無抵抗となるため、文字盤本体が傷つき、ムーブメントまで損傷するおそれもあります。時計保護のためにも交換が必要です。

・変色してしまったとき

材質によっては、紫外線を浴び続けると変色してしまう可能性があります。特に樹脂製のガラスは変色しやすく、長く使っているうちに、黄変してくすんでしまいます。見た目にも汚れたように見えてしまい、文字盤が読みづらくなるため、交換が必要です。

目次へ

腕時計のガラス交換を行う際の費用はどのくらい?

金属ベルトの腕時計

それでは、腕時計のガラス交換を行う際は、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。交換にかかる費用は、修理を行う店舗によって差がありますが、素材ごとに相場をご紹介しましょう。

・アクリルガラス(プラスチック 風防)

交換の相場は、8,000円程度。安い店舗では5,000円程度で交換を受けているところもあります。

アクリルガラスは、プラスチックやアクリル製樹脂を使用し、軽量で強度があり加工しやすいのが特徴です。

業者によっては「プラスチック風防」の名で取り扱っています。また、エボニックジャパン株式会社が商標登録している透明樹脂を使っているものは「プレキシガラス」と呼ばれています。

浅い傷であれば、研磨で目立たなくすることができ、費用も3,000円程度に抑えられます。

アクリルガラスに使われている樹脂は、薄く加工しても耐久性がある反面、ひっかきに弱く小さな傷がつきやすい特徴があります。さらに、長期間紫外線を浴びると変色・変質してしまいます。そのため、長期使用に向いておらず、途中で交換しなければなりません。

・サファイアガラス

交換の相場は、20,000円程度。

サファイアガラスは、酸化アルミナという鉱物で、人工的に作られたサファイアを使ったガラスです。強度と耐久性に優れています。

サファイアガラスは、硬度が高くて傷がつきにくいものの、素材の性質上、ドーム型などへ加工がしづらくフラットタイプに仕上げられます。

衝撃に弱く、落下やぶつけた拍子に割れやすい特性があります。そのため、細かな傷がついても研磨できず、風防を丸ごと交換しなければなりません。

・クリスタルガラス

交換の相場は、20,000円程度。

クリスタルガラスは、ミネラルガラスと呼ばれる無機ガラスの一種で、さまざまな腕時計で使われています。クリスタルガラスは、厳密にはミネラルガラスそのものではありません。

加工時に酸化鉛や珪砂(けいしゃ)、酸化カリウムを混ぜてガラスの透明度や屈折率を強化させています。

見た目にはキラキラと輝いているため、クリスタルガラスと呼ばれています。

クリスタルガラスは、アクリルガラスに比べると硬度があり傷がつきにくい一方で、割れやすい特徴があります。

また、アクリルガラスは細かな傷があれば研磨して目立たなくすることができますが、クリスタルガラスは、研磨すると割れてしまうため風防自体を交換しなければなりません。

並んでいる腕時計

このようにガラスの素材にもよりますが、風防が傷つくと丸ごと交換しなければならず、費用がかかってしまいます。場合によっては、腕時計の購入価格に比べて多額になってしまうケースもあり得ます。

そこで、おすすめしたいのが弊社の提供しております KARITOKE(https://karitoke.jp/)です。

KARITOKEは、月額制の腕時計レンタルサービスで、話題の腕時計や高級時計をレンタルしていただけます。ご自身で腕時計を購入される場合、腕時計のメンテナンスや傷や汚れのお手入れが必要となり、面倒に感じる方もいらっしゃるでしょう。

KARITOKEなら、通常使用でついてしまった小さな傷や軽い汚れはクリーニングで綺麗にしています。お客様自身で面倒なお手入れをすることなく、すぐにご利用いただけます。

高級ブランド時計など、ガラス交換費用が高くなってしまう腕時計も、気兼ねなくご利用いただけるでしょう。

目次へ

まとめ

腕時計のガラス変更のタイミングは、深い傷がついたとき、浅い傷がたくさんついたとき、粉々に割れてしまったとき、変色したときなどが目安となります。

ガラス交換費用の相場は、材質によって異なります。店舗によっても異なりますが、アクリルガラスで8,000円、サファイアガラスやクリスタルガラスで20,000円前後が相場です。

アクリルガラスは、軽い傷であれば研磨で済ませるため、3,000円程度で行えます。

ガラス交換には意外と費用がかかるため、万が一の傷が気になる方は、弊社の提供するKARITOKE(https://karitoke.jp/)で、腕時計をレンタルしてみてはいかがでしょうか。

レンタル腕時計サービス KARITOKE

お好きな腕時計を月額制でレンタルすることができる新しいサービスです。憧れの腕時計をシーンや気分に合わせてファッション感覚で楽しむことができます。

・返却期限無し、メンテナンス不要。商品が届いたその日からお楽しみいただけます。

・3,980円から19,800円のプランまで、商品のランクに合わせて 4 つのプランで展開しております。