異なる素材を融合する革新の時計ウブロ ビッグバン

ウブロは創立から約25年という、新しい高級時計のブランド。 その中でもビッグバンは一時期低迷していた人気を飛躍させ、世界的な高級時計ブランドにまで高めたフラッグシップモデルです。 多くのセレブやファッション界からは、このシリーズのどんな点が評価されているのでしょうか? 今回はウブロ ビッグバンの魅力や価格、賢い購入のポイントなどについて詳しく解説していきます。

この記事は約6分で読み終わります。

ウブロのビッグバンシリーズの特徴

ビッグバンを代表とするウブロは、イタリア人が創設したスイスの高級時計ブランドの一つ。

「HUBLOT」と書いて日本語で「ウブロ」と読むこのブランド名は、なんとフランス語の「舷窓」からきています。

ウブロの時計をよく眺めてみてください。

少し幅のあるベセルのフレームが、小さなビスで止めつけられている独特のルックス。

そう、これは大海原を渡る、船の窓をイメージしたデザインなのです。

そもそもウブロは、ファッションの最先端を行くイタリアの宝飾メーカーのバックアップを受けて創設されたブランド。

金のケースとラバーベルトという全く異質な素材を融合させた斬新さで、当時のファッション界を大いに沸かせました。

ただし、時計ブランドとしてはいま一つ人気に欠け、低迷を続けていたのですが、ブランド

復興の救世主とも呼ばれる新たな経営陣を迎えて新たなシリーズを発表。

それまでのクオーツ路線から機械巻きムーブメントを採用したことでより時計ブランドとしての力を高め、ウブロは創設約25年という若いメーカーでありながら、世界に名を冠する高級時計ブランドとしての地位を獲得したのです。

その先鋒となったのが、今回ご紹介するウブロのビッグバン。

光沢のある金属素材とマットな質感の新素材を見事に融合させた、独特のデザインが特徴ですが、セラミックやケプラー、チタニウムなどの、未来や宇宙を連想させる素材が多く使われています。

こういった素材はSFチックな男の夢をそそり、さらにベセルに配したビスがアクセントになって、メカニカルな男心を刺激。

高級感の中にも男性的な魅力が満載の、どっしりとした風格がある男の時計として仕上がっているのです。

目次へ

ウブロ ビッグバンのモデル紹介

ウブロにはクラシックフュージョン、キングパワーといったシリーズもありますが、やはり人気が高いのはフラッグシップモデルともいえるビッグバン。

2005年の発売以来人気を博し、文字盤からムーブメントを透かすエアロバンや高級な宝飾品を配したモデルまで、さまざまなバリエーションを増やしています。

鮮烈なレッドやグリーン系のラバーと文字盤を合わせたカラフルな商品も最近登場していますし、48mmの大型ケースが特徴的なダイバーズ時計、ビッグバンキングも評判なので

すが、売れ筋は次のような定番モデルです。

・ビッグバン ウニコ チタニウム セラミック

硬質なチタンとブラックラバーをあわせた、人気ラインのビッグバン。

両サイドが突出した独特のオレイユリングと大き目のリューズが、男性らしい雰囲気です。

・ビッグバン 301.SB.131.RX

「成功者の時計」と呼ばれる、ビッグバンの初期モデル。

シンプルなデザインなので用途が広いのですが、ラバーベルトの網目状の紋様はさりげなくおしゃれです。

・ビッグバン ウニコ キング ゴールド セラミック

華やかなカラーを、ゴツゴツとした大き目パーツで引き締めたデザインはウブロならでは。

自慢のキングゴールドをケースに使い、機械巻きの自社ムーブメントであるウニコを搭載した、最高品質のビッグバンです。

・ビッグバン メカ-10 チタニウム

手巻き式のムーブメントに、文字盤から内部が透けるメカニカルなデザインが魅力。

ケース裏からも内部構造が見えるので、時計マニアにおすすめの一品です。

・ビッグバン スチール ブルー ダイヤモンド

メタリックなブルーの文字盤に36個ものダイヤモンドを使った、豪華で華やかさが魅力。ムーブメントはクオーツで扱いやすくエレガントな仕上がりのレディース用の時計です。

目次へ

ウブロ ビッグバンの価格相場

ウブロはスイスの高級時計ブランドの中でも、高額商品が多いメーカー。

なかでもビッグバンは100万円からスタートする値段設定がほとんどで、その定番モデルの新品価格相場は次のように高めだといえます。

・ビッグバン ウニコ チタニウム セラミック 1,500,000円~

・ビッグバン 301.SB.131.RX 1,000,000円~

・ビッグバン ウニコ キング ゴールド セラミック 2,900,000円~

・ビッグバン メカ-10 チタニウム 1,700,000円~

・ビッグバン スチール ブルー ダイヤモンド 1,100,000円~

ウブロはチタンとゴールとを掛け合わせた、特殊な金属を開発して使っていることでも有名。

そのなかでも特許を取得したマジックゴールドとブラックラバーをフュージョンさせた、男性的なモデルは特に人気が高い傾向があります。

ウブロ ビッグバンの中古買取相場

ビッグバンにはさまざまなバージョンがあり、販売数も多いのですが、ウブロはまだまだ若いブランド。

中古需要が高い割に下取り数が少ないので、他ブランドの時計よりも高額買い取りが狙えます。

ただしラバーベルトは汚れが目立ちやすいので、日頃からきれいにメンテナンスを心掛けることと、箱や保証書などを一緒に買い取りに出せることが大切。

一般的な時計は自分で故障を修理しておいたほうが査定額アップを狙えるのですが、ウブロはメーカーの修理費が高額なうえに、修理待ちでかなりの時間がかかります。

下取り前に自己判断で修理に出してしまうと、逆にリスクをしょい込む可能性も高いので、ビッグバンの場合は自前で修理に出すのではなく、事前に買取店に相談をするのがよさそうです。

・ビッグバン ウニコ チタニウム セラミック 1,000,000円~

・ビッグバン 301.SB.131.RX 800,000円~

・ビッグバン ウニコ キング ゴールド セラミック 2,000,000円~

・ビッグバン メカ-10 チタニウム 1,400,000円~

・ビッグバン スチール ブルー ダイヤモンド 900,000円~

目次へ

ウブロ ビッグバンの中古販売相場

ビッグバンは人気が高いのですが、次のような人気の売れ筋モデルは、あまり中古販売価格が下がりません。

・ビッグバン ウニコ チタニウム セラミック 1,300,000円~

・ビッグバン 301.SB.131.RX 900,000円~

・ビッグバン ウニコ キング ゴールド セラミック 2,300,000円~

・ビッグバン メカ-10 チタニウム 1,500,000円~

・ビッグバン スチール ブルー ダイヤモンド 800,000円~

ウブロというブランド自体が中古の販売数が少ないので、中古でビッグバンを狙うなら、マメに販売店の情報をチェックすることをおすすめします。

高級な時計は中古で入手しても性能はほとんど変わりませんから、中古での購入を検討するのは賢い選択だといえるでしょう。

まとめ

街中やビジネスの場で身に着ける時計でありながら、その大海原を航海する船を思い出させるルックスで男に開放感を与えてくれるのが、ウブロの定番シリーズ、ビックバンの魅力です。

あなたもそんな良い時計を身に着けて、人生の大海原を力強く渡っていきましょう。

レンタル腕時計サービス KARITOKE

お好きな腕時計を月額制でレンタルすることができる新しいサービスです。憧れの腕時計をシーンや気分に合わせてファッション感覚で楽しむことができます。

・返却期限無し、メンテナンス不要。商品が届いたその日からお楽しみいただけます。

・3,980円(税込4,378円)から19,800円(税込21,780円)のプランまで、商品のランクに合わせて5つのプランで展開しております。

・ネットだけでなく、有楽町マルイ店にて実際に商品を試着してからレンタルすることができます。

KARITOKEで時計を借りたい方はこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう