知っておきたいベゼルの使い方

腕時計の文字盤を覆う風防ガラスを固定する外周の枠を「ベゼル」と言います。単に金属だけのベゼルもありますが、印字されていたり回転したりするものもあります。それぞれどのような使い方をするのか知っておくと便利です。

この記事は約4分で読み終わります。

ベゼルとは

クロノグラフは文字盤の中に小さな文字盤(インダイアル)が複数あり、これらの組み合わせで時間の計測ができます。リューズの上下にはそれぞれボタンが付いており、一般的には上がスタートとストップ、下がリセットです。さらにリューズの反対側にもボタンが付いてラップタイムなどを計測できるクロノグラフもあります。

クロノグラフはアナログでありながら、時刻の表示と同時に時間の計測を行えます。スタートボタンを押すと時間計測用の歯車が時刻表示用に常時作動している歯車と連結して動く仕組みです。

時間を計測するまでにはボタンで必要な部品を動かす「作動」と歯車を連結させる「伝達」という2つの過程があります。主な作動方式には「コラムホイール」と「カム」の2種類があり、伝達方式は「キャリングアーム」や「垂直クラッチ」などです。

多くのブランドではクロノグラフを搭載した腕時計のラインアップがあり、ロレックスのデイトナやオメガのスピードマスターあたりはクロノグラフの代名詞とも言えます。これらもまた、いずれかの作動方式と伝達方式を組み合わせて時間を計測できるようになっています。

便利なベゼルの使い方

ダイバーズウォッチのベゼルは潜水だけでなく様々な使い方があります。例えば約束までの残り時間や、コインパーキングに駐車した時の経過時間を測れます。このように間違えられない時間の計測にはベゼルの逆回転防止機能が役に立つでしょう。インスタント食品を作る時のように数分単位の計測も可能です。クロノグラフがなくてもベゼルだけで十分にカバーできます。

時間の計測以外のベゼルがついた腕時計もあります。例えば「タキメーター」です。1㎞移動した時点の秒針の位置で時速が分かります。他にも「GMTウォッチ」のように2本の時針で24時間を表示できる腕時計のベゼルは、同じく24時間の目盛りがついています。時差の分だけずらせば現在地と世界の各都市の時間が一目で分かる仕組みです。

目次へ

ベゼルのついた人気のダイバーズウォッチ

ベゼルがついたダイバーズウォッチは各ブランドから販売されています。例えばロレックスの「サブマリーナ」は定番中の定番です。文字盤やベゼルだけでなく「オイスターパーペチュアル」というロレックス独自の強固なケースと自動巻きの機構も人気です。価格は50万円台からで、さらに防水効果や耐久性などを高めた上位機種の「シードゥエラー」や「ディープシー」は100万円を超えます。

対するオメガのダイバーズウォッチは「シーマスター」です。実用性の高さには定評があり、ヘリウムガスを逃がすバルブやクロノグラフがついたモデルもあります。価格も20万円台から購入できるなどお手頃です。600m防水仕様の上位モデル「プラネットオーシャン」でも60万円台からです。

他にもパネライの「ルミノールサブマーシブル」にはベゼルに加えてリューズプロテクターがあり、パネライの腕時計の中でも個性的です。SEIKOの「プロスペックス・ダイバースキューバー」やCITIZENの「プロマスターMARINE」のように、国産ブランドは高機能でありながら10万円以下で購入できるコストパフォーマンスが魅力です。

まとめ

ダイバーズウォッチのベゼルは簡単に時間を計測できて、日常生活でも役に立ちます。本来は潜水用ですが、その優れたデザインで違和感なく普段のファッションにも合わせられるでしょう。潜水目的で使うなら逆回転防止機能の有無など実用性を確認しておきたいところです。

目次へ

レンタル腕時計サービス KARITOKE


お好きな腕時計を月額制でレンタルすることができる新しいサービスです。憧れの腕時計をシーンや気分に合わせてファッション感覚で楽しむことができます。

・返却期限無し、メンテナンス不要。商品が届いたその日からお楽しみいただけます。

・3,980円から19,800円のプランまで、商品のランクに合わせて 4 つのプランで展開しております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう