PANERAI ラジオミールの腕時計レンタル・通販一覧

パネライの人気シリーズである「ラジオミール」は元々1916年に開発された、当時ラジウム粉をベースにしたラジウム性蛍光塗料という自発光する夜光塗料として開発されました。1936年にイタリア海軍の潜水特殊部隊のためにラジオミールを用いた試作品の腕時計を開発したことから、腕時計「ラジオミール」が誕生することとなります。以降、長らく軍の専門であったパネライが1993年に民間向けにコレクションを展開し始めます。パネライの人気シリーズであるラジオミールとルミノールの大きな違いは、リューズを守るために備えられた「リューズプロテクター」の有無が1番の特徴です。また、ラジオミールは革ベルトのみの展開で、ルミノールにはラバーやステンレスブレスレットのラインナップがあることから、ラジオミールはどちらかというとクラシカルな雰囲気を表現したモデルであるといえます。大きく分厚くて男らしいモデルであるラジオミール。豊富なバリエーションからぜひお好きなモデルをお試しください。

絞り込み結果

絞り込み

絞り込み

商品区分

プラン

性別

手首サイズ

ケースサイズ

メンズ

レディース

重さ(ベルト込み)

メンズ80g以下
レディース30g以下
メンズ224g以上
レディース104g以上
       

素材

ムーブメント

カレンダー

クロノグラフ

PANERAI ラジオミールブラックシールブラック(※社外ベルト)のユーザーレビュー
5

2021.09.25

やーやん さん 30代 男性

いいサイズ感

幅45mmとスペックでは大きい部類ですが、
手首での納まりがとても良いです。
ルミノールの文字盤と違いベゼルが狭く、
文字盤がケースぎりぎりまでありより見やすいです。
裏面はシースルーバックになっており、
ユニタスベースのムーブメントが見られます。
テンプが大きく呼吸しているようで綺麗です。

もっと見る

1938
軍用時計として、イタリア海軍に納品されていた塗料の名前を取って初代ラジオミール誕生。
1998
民間向けラジオミールの発売開始。
2000
初のレギュラーモデル「ラジオミール40mm」誕生。
2002
42mmサイズのステンレス製レギュラーモデルを発表。
2012
1940年代に軍に納品していたラグとケースが一体化したモデルを復刻。
カラーリング
ラジオミールの腕時計は文字盤・ベルト共に砂のようなベージュ色、カーキ色、黒色等のカラーが多く、そのカラーリングは軍やソリッドなイメージを連想させます。これらはイタリア海軍に納品されていた軍物の時計であることを表してるのではないでしょうか。