腕時計から嫌な匂いがしてきたらどうすればいい?

腕時計を毎日付けていると、嫌な匂いを発しているのに気が付くことがあるでしょう。せっかく高価 でデザインの良い高級腕時計でも、嫌な匂いがあると台無しです。ここでは、腕時計から発せられ る匂いの原因と対策について解説していきます。

この記事は約6分で読み終わります。

腕時計が匂う!原因は何?

腕時計は付けている間はずっと腕に密着しています。腕は汗をかきやすいので、腕時計のベルトに汗が付着するでしょう。腕時計が匂う主な原因は汗です。少し汗が付着したくらいでは、気になるほどの匂いを発することはあまりありません。しかし、毎日何時間も汗や皮脂が付着した状態に晒されると、悪臭の原因になってしまいます。

腕時計のベルトは金属製のものと革製のものが多いです。このうち特に匂いに悩まされることが多いのは革ベルトの腕時計でしょう。革ベルトの場合には、水分をよく吸収します。革ベルトが直接腕に触れている部分で汗をかけば、革ベルトに汗が染みるのです。いったん染みこんだ汗は、外した後も革ベルトに染みこんだままになってしまいます。

毎日革ベルトの腕時計を付けていれば、どんどん汗が蓄積していきます。汗には菌が集まってきて、汗の成分を分解しようとしますが、この際に匂いが発生してしまうのです。古い汗がたくさん蓄積していれば、カビの栄養源となってしまいます。夏場は汗をかきやすいため、かなり深刻です。

金属ベルトの腕時計なら、革ベルトと違って汗が染みこむことはありません。金属ベルトの方が、匂いに悩まされることは少ないでしょう。しかし、金属ベルトでも、汗による匂いと全く無縁ではありません。汗や皮脂が金属に付着すると、金属を酸化させてしまいます。長年使用していると、金属ベルトの酸化が原因で嫌な匂いを発してしまうことも多いです。サビが発生することもあるでしょう。金属ベルトには細かな隙間がたくさんあるため、隙間に汗や皮脂が入り込んでしまうこともよくあります。

目次へ

腕時計の匂いの改善方法

腕時計から嫌な匂いが発生していることに気付いたら、早めに改善しておく必要があります。金属ベルトであれば、超音波洗浄機を使用するのが効果的です。細かな隙間に付着した汗や皮脂も綺麗に落とせます。

超音波洗浄機を使用する際には、水に浸けることになるため、腕時計本体からベルトを外さなければなりません。ベルトを外したことのない人にとっては、ややハードルが高く感じられるかもしれません。しかし、バネ棒外しがあれば意外と簡単にベルトを外せます。洗浄後に戻すのも簡単です。

超音波洗浄機そのものは、1万円前後で購入できます。腕時計の金属ベルトだけでなく、メガネや宝石類の洗浄にも使えるため、1台買っておくと便利でしょう。

金属ベルトを外さないで洗浄したいときには、入れ歯洗浄剤を使用する方法もあります。コップなどに入れ歯洗浄剤を溶かした水を入れて、コップの上に割り箸を数本置きましょう。時計の本体部分を割り箸の上に置いて、ベルト部分を下に垂らすようにすれば、本体部分は濡らさず上手くベルト部分だけ入れ歯洗浄剤に浸かります。

時計店などで洗浄サービスを実施しているところもあります。金属ベルトの洗浄だけであれば、時計店に持ち込めば、その場ですぐ済むでしょう。購入した時計のみを対象にしているお店や、有料のところも多いです。また、洗浄サービスそのものを実施していないお店もあります。

革ベルトの場合には、革用クリーナーを使用してケアしてみましょう。いったん腕時計本体から革ベルトを外して、中性洗剤で手洗いします。染みこんだ汗や皮脂も押し出されていくでしょう。洗剤を濯いだ後は、風通しの良い場所で乾かします。日陰で干すのが望ましいです。水気がなくなったのを確認したら、エタノールを吹きかけて殺菌します。エタノールが乾いてから革用クリーナーを使用すると汚れも匂いもほとんど消えているでしょう。

革製のベルトは何度か洗浄していると、匂いは改善できても傷んでくることが多いです。そのため、少し匂いが気になる程度であれば、腕時計用消臭スプレーを使ってケアする方法もあります。スプレーだけでは匂いが取れないときに、洗浄するのがいいでしょう。

また、革ベルトを何度か洗浄して傷んできたら、ベルト交換をするのがおすすめです。革ベルトは金属ベルトと違って長く使うのにはあまり向きません。消耗品だと捉えている人も多いです。

目次へ

腕時計の匂いに日ごろからできる対策とは?

腕時計が嫌な匂いを発しないように普段から対策を講じておくことが大事です。まず、毎日連続で使用することはできるだけ避けましょう。特に夏場に毎日長時間使用すると、汗や皮脂がたっぷり染みこんでしまいます。日を開けて使用すれば、多少の汗や皮脂が付着してもそれほど強烈な匂いを放つことはありません。冬場であっても、革ベルトは1日おきくらいに使用するのが望ましいでしょう。

夏場の暑い日はほぼ確実に汗をかいてしまうため、革ベルトの使用を避けるのもひとつの方法でしょう。革ベルトは夏場の使用にはあまり向きません。革ベルトの腕時計を愛用している人でも、夏場の特に暑い日だけは金属ベルトの腕時計を使うのがいいでしょう。夏場の使用を避ければ、匂い防止に役立つのはもちろんのこと、革ベルトそのものが長持ちします。革ベルトの腕時計は秋冬のファッションとして楽しみましょう。

革ベルトの腕時計を1日付けていて、汗を染みこんでいると感じたら、タオルなどで染みた汗を拭いておくのも匂い対策になります。太陽の光に当てて日光浴させるのもいいでしょう。革ベルトの表側を陽に当てると変色してしまうことがあるため、なるべく裏側を陽に当てるようにします。

殺菌ランプを使用するのも効果的です。殺菌ランプというのは殺菌効果の高い波長の光を発するランプで、蛍光灯と同じような形状をしています。

また、特に匂いが気にならなくても、革用の消臭スプレーを普段から使用するといいでしょう。革ベルトの腕時計を使用した後に、毎回消臭スプレーを吹きかけていれば、匂いの発生をだいぶ抑えられます。時間や手間もかからないため、忙しい人でも無理なくできる対策法です。

目次へ

まとめ

腕時計は腕に密着した状態で使うため、汗や皮脂の影響で嫌な匂いを発してしまうことに注意しなければなりません。普段から匂い対策のケアを行っていれば、ある程度は匂いを防止できます。革ベルトの場合には夏場の使用はできるだけ控えるのが無難です。

腕時計を購入すると匂いのメンテナンスも大変です。KARITOKEではレンタルすることも可能ですよ。

レンタル腕時計サービス KARITOKE

 

 

お好きな腕時計を月額制でレンタルすることができる新しいサービスです。憧れの腕時計をシーンや気分に合わせてファッション感覚で楽しむことができます。

・返却期限無し、メンテナンス不要。商品が届いたその日からお楽しみいただけます。

・3,980円から19,800円のプランまで、商品のランクに合わせて 4 つのプランで展開しております。

・リアルショップを東京・有楽町マルイ8F、大阪・なんばマルイ 7Fにオープン。ネットだけでなく、実際に商品を試着してからレンタルすることができます。

KARITOKEで時計を借りたい方はこちらから

・ブランド腕時計を当社でお預かりし、レンタル商品として貸出された場合に月額料金の一部をお客様にキャッシュバックするサービス「KASHITOKE(カシトケ)」も開始しております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう