腕時計を内側につける理由とメリットは?

腕時計のつけ方はしばしば論争のタネになります。例えば左側につけるか、あるいは右側につけるかです。それと同じくらい内側に向けるか外側に向けるかも意見が分かれます。どちらが正しいのでしょうか。また性別による違いはあるのでしょうか。

この記事は約5分で読み終わります。

男性が腕時計を内側につけない理由とは?

日本では腕時計の文字盤を外側に向ける男性が多く、女性は内側を向けている人が目立ちます。一方、日本以外の国では男女問わず外側を向けるのが主流です。

まず腕時計の文字盤を外側に向ける理由を考えてみましょう。腕時計の役割は少ない動作でさりげなく時間を確認できることです。外側に向けておけば腕を折り曲げて胸元に引き寄せるだけで時間を確認できます。特に机の上で作業をするときは、外側に向けておくと文字盤が目に入りやすいポジションになるのが分かるはずです。

また左側に腕時計をつけて文字盤を内側に向けると、手首を動かすたびにリューズや掌底が当たってしまいます。メンズ用の大きな文字盤では特にそうなります。つまり腕時計の文字盤は外側に向けておくほうが理に適っており、快適につけられます。

なぜ日本では内側に向けている女性が目立つのでしょうか。それは服装にヒントがあります。かつての日本では男女とも和服を着ていました。女性の和服には「身八つ口」といって脇の部分に切れ目が入っています。これは胸のある女性にとって「マチ」の役割があり、着物にゆとりを持たせて腕を動かしやすくし、着崩れを防ぐためにあるものです。そこから赤ちゃんに授乳することもできます。

ところが身八つ口のせいで着物の女性が腕を上げると、脇から胸が見えてしまいます。そこで当時の女性は腕を締める習慣が身についたのです。腕時計を外側に向けると文字盤を見るには脇を上げなければいけません。内側なら手首を返すだけで見られます。

現在では洋服が主流になって身八つ口を心配しなくてもよくなりましたが、脇を堂々と見せるのは「はしたない」とされています。内側を見せるのは肘を張らなくてもいいので奥ゆかしくも見えるのです。また、一説にはかつて高級で男性の持ち物であった腕時計を女性が見せびらかすのは好ましくなく、あえて内側に向けて目立たないようにしていたともいわれています。

ただし腕時計の向きに決められたルールやマナーはありません。女性が外側に向けても、男性が内側に向けても問題はありません。例えば船乗りや兵士、狙撃手(スナイパー)など職業によっては内側を向けるほうが便利な場合もあります。

目次へ

腕時計を内側につけるメリットとは?

船乗りや兵士が腕時計の文字盤を内側に向けるのは、どこかにぶつけて壊さないためです。当時は今ほど風防のガラスが丈夫ではなかったので、ちょっとした衝撃で割れてしまいました。当然、文字盤も壊れてしまいます。特に船乗りのように狭い場所での行き来が多かったり、兵士のように屋外でハードな動きをしたりする職業では内側を向けて腕時計を保護する必要がありました。近くに時計店がなく、簡単に修理できないからです。

狙撃手の場合、腕時計を内側を向けておけば銃を構えた状態で自然と時間を確認できるメリットがあります。一刻一秒を争う場面で視線を外さずに時間を確認するには内側を向けるほうが好都合です。屋外で使用するときも内側に向けておくと光の反射を抑えられます。パイロットやカーレーサーも同様です。

また誰かに文字盤を見せたくない場合に、あえて内側に向ける人もいます。例えば接客中や商談中、指導中などです。自分で時間を確認するときも内側なら外側よりもこっそりと覗けるでしょう。混み合う場所でも腕時計を内側に向けておくと誰かに肘をつく心配がありません。

目次へ

腕時計を内側につけても大丈夫?つけ方は自由

先述のとおり、腕時計のつけ方には決められたルールやマナーがありません。内側でも外側でもつけ方は自由です。日本では内側を向ける女性が多いといわれていますが、それは海外に比べての話であり、全体で見るとそれほど多いわけではありません。子どもの頃からそのようにしつけられて内側を向けている女性もいますが、せっかく奮発して購入したのだから、外側に向けて文字盤を強調したいという意見もあります。

基本的に女性はルールやマナーに縛られず、腕時計のデザインや用途に合わせて向きを決めるといいでしょう。例えばブレスレットのような細身の腕時計は内側を向けるほうが、時間を確認するときの仕草は優雅です。手首の動きに合わせて腕時計がルーズに動くのもしなやかに見せてくれます。

逆にメンズ用など文字盤の大きい腕時計は手首との干渉を防いだり、存在感をアピールしたりするためにも外側を向けるほうが良いでしょう。フォーマルな場やアフター5など視線が集まりやすいところでは内側に向けてエレガントさを演出し、ビジネスでは実用性を優先して外側に向けるという使い分けもできます。

一方、男性は圧倒的に外側を向けるのが主流です。特にファッションでは、まず文字盤を目立たせるでしょう。レディース用と違ってメンズ用はベルトの幅が太く、特別なデザインが施されているわけでもありません。ブレスレットの代わりにはならないので内側を向ける必要性はないといえます。

ビジネスやフォーマルでは周りに合わせるのが原則です。そうなると腕時計は外側に向けてつけることになります。海外では圧倒的に外側が主流です。あえて内側に向けるとすれば職業ごとのメリットで紹介したように理由があるときです。その際も用が済んだら外側に向ける人もいます。常時、内側を向けている男性は船乗りや兵士が長くて習慣づいているかもしれません。

目次へ

まとめ

日本の女性が腕時計の文字盤を内側に向けるのは、かつて和服を着ていた頃の名残であり、奥ゆかしさの象徴でもあります。男性でも職業や用途によって内側を向けているのは珍しくありません。

腕時計には決められたルールやマナーが無いので、どちらを向けても自由です。自分の使い方や腕時計のサイズ、ファッションに合わせて向きを選びましょう。

レンタル腕時計サービス KARITOKE

お好きな腕時計を月額制でレンタルすることができる新しいサービスです。憧れの腕時計をシーンや気分に合わせてファッション感覚で楽しむことができます。

・返却期限無し、メンテナンス不要。商品が届いたその日からお楽しみいただけます。

・3,980円(税込4,378円)から19,800円(税込21,780円)のプランまで、商品のランクに合わせて5つのプランで展開しております。

・ネットだけでなく、有楽町マルイ店にて実際に商品を試着してからレンタルすることができます。

KARITOKEで時計借りたい方はこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう