ロレックス エクスプローラーを徹底解説

ロレックスは誰もが憧れる高級時計ですよね。その中でも広く人気を集めているロレックス エクスプローラーについてご紹介します。ロレックスのエクスプローラーはシンプルかつ優れたデザイン性で長期に渡って、ほぼ外見を変えないながらも人気を集めている時計です。

この記事は約6分で読み終わります。

ロレックス エクスプローラーについて

ロレックス エクスプローラーは半世紀以上かけ36㎜は39㎜まで大型化していきました。エクスプローラーⅠは当初探検家のために開発された時計です。デザインはいたってシンプルで、黒の文字盤がクールな印象をプラスされ、視認性を高めています。1953年に誕生したエクスプローラーⅠのネーミングも探検家(エクスプローラー)からきています。誕生時から12時の位置に三角を配置して、探検家用に視認性に優れ、ステンレス製のボディはあまり変わっていません。36㎜から39㎜になったのは7代目の2010年。世間的流れが大きくぶ厚い時計を選ぶようになっている背景もあり大きくなりました。

文字盤の3,6,9の数字には発光するルミネッセンスが使われ、夜でも青い光を長い時間はなっていられます。自社開発され、ロレックスダイアルはほぼ手作業で行われています。控え目でも洗礼されて、控え目な印象からと比べて、耐久性と堅牢な構造とハードな面もカバーしているロレックスの代表的な時計となっています。

ロレックス エクスプローラー

どれが人気?ロレックス エクスプローラーⅠの選び方

エクスプローラーの人気モデルについてご紹介していきましょう。

エクスプローラーⅠRef.14270

エクスプローラーⅠRef.14270は1990年代に発売されていたモデルで、ケースの直径は36㎜となっています。小ぶりなエクスプローラーⅠは、主張しすぎず、しかしロレックスならではの気品に満ちあふれています。この時に使われていた発光塗料は、トリチウムで年数がたつと色の劣化と光らなくなっていくことが特徴です。今は、この色の変化をアンティークの趣として好む人たちもいます。しかし、発光しずらくなっているものもあるため、ものによっては実用的とは言えないかもしれません。

エクスプローラーⅠRef.114270

エクスプローラーⅠRef.114270について。このモデルの特徴なのは初期モデルからのシンプル性の中にある洗練されたデザインです。ブラックダイアは3,6,9のインデックスで、36㎜と旧タイプです。腕が細身の人におすすめの時計です。

エクスプローラーⅠ Ref.214270

エクスプローラーⅠ Ref.214270は現行モデルです。見た目はエクスプローラーⅠRef.114270とあまり変わりがありませんが、モデル名の刻印が12時位置の三角形の下から、6時の上に移動となりました。そして数字の上にあった白のラインが無くなり、よりクールな印象になりました。また、エクスプローラーⅠRef.14270のモデルではトリチウムだった蛍光塗料は、クロマライトに変わっています。クロマライトは半永久的に光を保つことができます。

またこのモデルではケースのサイズが36mmから39㎜に変わっています。腕が太かったり、大きめの腕時計が好きな方はこちらがおすすめです。バックルも屈強にぶ厚く作られ、耐久性も増しています。以前より折り畳み式の留め具が衝撃などでも取れにくくなっているのです。

上記に記したような違いや、腕の太さや留め具から好みのものを選ぶと良いでしょう。

目次へ

エクスプローラーⅡ Ⅰとの違いは?

続いては、エクスプローラーⅠとエクスプローラーⅡとの違いについてご紹介していきます。エクスプローラーⅡは探検家から洞窟探検家用としてプロ仕様に発展させたものです。日付機能やリューズガードが装備されました。発売されたのは1972年、エクスプローラーⅠとの1953年と19年開きがあります。この時期エクスプローラーⅠの人気は下降気味で、発売が決定しました。

洞窟用探検用に開発されたエクスプローラーⅡはデザインもⅠと大きく違っています。現行モデルのREF.216570はパラクロムゼンマイに、パラフレックスショック・アブソーバが装備されました。パラフレックスショック・アブソーバは、これは耐震機構で時計の天真が衝撃により折れたり破損しないようにするための受け止める役割をします。ロレックスの時計を守る「揺れ」への技術です。

また、特徴的なのが24時間針です。大きな矢印を模ったもので、クールな大きめの時計にアクセントを加えています。また、ファーストモデルをイメージさせるデザインが、人気を集めています。そのエクスプローラーⅡの初期モデルはREF.1655で派手な外見と、昼夜どちらかわかるように24時間針がついていました。REF.16550はベンツ針が採用され、デザインも大きく変えられました。REF.16570は1991年に発売され、黒と白の2種類ラインナップされました。

目次へ

ロレックス エクスプローラー 新品の相場

エクスプローラーⅠの現行モデルRef.214270Ⅰの新品の相場は621,000円~668,000円と販売店により少し幅があるようです。エクスプローラーⅡは740,000円~772,000円となっています。現在、エクスプローラーⅠは文字盤が黒のものみ、エクスプローラーⅡは黒と白の2種類あります。エクスプローラーⅡのケースサイズは42㎜でエクスプローラーⅠよりさらに大きくなっているので、試着をせずに買う際は自分の腕と合うか確認しておくことが大切です。もし、ネットで買う場合は、一度店頭で試してみるのもよいでしょう。(2017年8月現在)

目次へ

ロレックス エクスプローラー 中古品の相場

エクスプローラーⅠRef.14270の相場は約420,000円~460,000円です。旧モデルのため、アンティーク腕時計好きには今でも人気があります。エクスプローラーⅠRef.114270の中古は450,000円~520,000円ほどで、状態によって開きがあります。現行モデルであるエクスプローラーⅠRef.114270は520,000円~600,000円ほどで、状態によってまちまちです。エクスプローラーⅡREF.216570の中古は678,000円~710,000円ほどのようです。中古品に関しては、傷や状態がネットでは詳しく見えません。格安で販売されていることに、飛びつかずにしっかり状態を確認することが必要です。(2017年8月現在)

目次へ

レンタル腕時計サービス KARITOKE


width=800

お好きな腕時計を月額制でレンタルすることができる新しいサービスです。憧れの腕時計をシーンや気分に合わせてファッション感覚で楽しむことができます。

・返却期限無し、メンテナンス不要。商品が届いたその日からお楽しみいただけます。

・3,980円から19,800円のプランまで、商品のランクに合わせて 4 つのプランで展開しております。

・実店舗【KARITOKE STORE】をサービス開始と同時にオープン。ネットだけでなく、実際に商品を試着してからレンタルすることができます。