メンズ時計渾身の作品 カリブル ドゥ カルティエ ダイバー

カルティエといえば、言わずと知れた高級ジュエリーブランドとして知られていますが、腕時計でも不動のん気を誇るブランドです。中でもメンズレクションとして発表されたカリブルは男性らしいフォルムが評判となっています。本記事ではカリブルコレクションの中から、カルティエ渾身の作品ともいわれているカリブル ドゥ カルティエダイバーについてご紹介します。

この記事は約7分で読み終わります。

渾身の作品 カリブル ドゥ カルティエ ダイバー

カリブル ドゥ カルティエダイバーは、これまでに発表されてきたカルティエのメンズシリーズ初のダイバーズウォッチとして登場しました。

1本の腕時計の中にカルティエの技術が結集したといわれるこの高機能な作品にはどんな魅力があるのでしょうか。

逆回転防止ベゼル

ダイバーズウォッチとして用いるときに、水圧などによってベゼル部分が回転してしまうトラブルがあります。カリブル ドゥ カルティエ ダイバーでは、逆回転防止ベゼルを装着することで、ベゼルの誤作動を防ぎます。

厚さ約11mmの薄手ケース

ダイバーズウォッチというと水圧に耐えうる関係上、ケースに厚みが出てしまいがちです。ところが、このモデルでは、ケースやベゼル、バックルにアモルファスダイヤモンドコーティングを施して強度を高めることで、厚さ約11mmという薄型のケースに仕上げられています。ダイバーズウォッチでありながらエレガントさを兼ね備えているのはカルティエならではの技といえるのではないでしょうか。

300m防水

ダイバーズウォッチとしての機能で肝心なのが防水性です。カリブル ドゥ カルティエ ダイバーは、300m防水性能を有しており、通常程度のダイビングを楽しむのに問題ない防水性能となっています。

夜光インデックス

水深が深くなると辺りが暗くなり、腕時計の視認性も落ちてしまいます。カリブル ドゥ カルティエ ダイバーには、インデックスと針にスーパールミノバ夜光塗料が施されています。暗闇の中でも視認性が高く、時刻確認も容易におこなえます。

スポーティで合わせやすいデザイン

ダイバーズウォッチは派手なデザインになりがちですが、カリブル ドゥ カルティエ ダイバーは、ベルト部に同系色のラバーを用いることで一体感を出し、エレガントなスポーティデザインに仕上がっています。

全体的に見ると落ち着いているので、ビジネスシーンにも合わせやすく日常生活にも幅広く使えるデザインです。

目次へ

カリブル ドゥ カルティエ ダイバーのモデルの紹介

大胆で男らしいカリブル ドゥ カルティエ ダイバーはモデルも豊富ですが、特に人気のモデルをご紹介します。

W2CA0008

2016年に登場した新作モデルで、11mmの薄いケースには本家カリブルと同じくカルティエが自社開発、製造した1904MC新型キャリバーが載せられています。

ダイヤル部は深海をイメージするダークブルー、ステンレスケースにはピンクゴールドのベゼルが装着されており、見た目にも美しいカラーバランスです。

3時位置にデイト表示、6時位置にスモールセコンドウィンドウを搭載しているので、日常使いにもおすすめです。

W2CA0004

ステンレスケースには、強度の高いアモルファスダイヤモンドのブラックコーティングがされていて、ピンクゴールドのベゼルが合わせられたモデルです。

真っ黒な中にも動きがあるデザインで、インデックスと時針、分針には視認性を高めるためのスーパールミノバ夜光塗料が塗られています。

300m防水を備えており、ダイビング時にピッタリの一本となっています。

WSCA0006

2015年の新作で、自社製ムーブメント1904MCキャリバーを搭載しています。ケース、ベゼル共にステンレス、ベルトには防水効果が高いラバーが使われた軽量タイプです。

ケースやベゼル、バックルにはアモルファスダイヤモンドコーティングがされて腕時計の全体的な強度をより高めています。

W7100055

ダイバーズウォッチで大人のおしゃれを楽しみたい。そんな期待に応えるモデルで、ベゼル外周とリューズには18Kピンクゴールドが用いられています。

ブラックの腕時計はどこか暗くなりがちですが、こちらのモデルのラバーベルトには凹凸加工が施されていて、腕時計の動きを引き出しています。

ダイバーズとしてだけでなく、カジュアルシーンにも活躍します。

W7100057

ブラックの文字盤とベゼルと、ステンレスのケース、ベルトとの調和がとれたデザインです。

厚さ11mmという薄さで、ワイシャツの袖口を邪魔せず装着感を高めます。

裏蓋にはCALIBRE de Cartierの刻印と300M防水を示す刻印が施されています。錆びにくくお手入れしやすいダイバーズウォッチをお探しの方におすすめのモデルです。

目次へ

カリブル ドゥ カルティエ ダイバーの価格相場

カルティエのメンズラインカリブルは高級時計として名が知られています。では、市場での販売価格相場はどの程度するのでしょうか。代表モデルについてご紹介します。

W2CA0004

市場価格相場は約100万円です。

WSCA0006

市場価格相場は80~90万円です。

W7100056

市場価格相場は70~80万円です。

WSCA001

市場価格相場は70~80万円です。

W7100054

市場価格相場は120~140万円です。

高級腕時計ブランドの中には定価が高くても市場ではやすい価格で取引されている商品もあります。しかし、カリブル ドゥ カルティエ ダイバーは、伝統的なカルティエの商品ということもあり、市場価格も下がらず定価の1割引き程度で販売されています。

目次へ

カリブル ドゥ カルティエ ダイバーの中古買取相場

カリブル ドゥ カルティエ ダイバーは資産性が高く、中古買取相場でも比較的高値で取引されています。

では、具体的にどの程度の買い取り相場となっているのかご紹介しましょう。

W7100054

中古買取相場は50~70万円です。

W7100056

中古買取相場は40~50万円です。

W7100055

中古買取相場は50~60万円です。

W2CA0004

中古買取相場は60~80万円です。

W7100057

中古買取相場は40~50万円です。

中古買取を希望するなら、より高値で査定して欲しいところです。そこで、査定に出す前に、あらかじめ、時計の汚れをふき取っておいたり、傷は軽く磨いて目立たないようにするなど、簡単なお手入れをしておきましょう。

外観が良くなるだけでも査定額は変わります。

また、購入時に腕時計に付属していた箱や説明書、保証証があれば、一緒に持参しましょう。できる限り購入時のままの状態に近づける方がより査定額もアップします。

目次へ

カリブル ドゥ カルティエ ダイバーの中古販売相場

カリブル ドゥ カルティエ ダイバーはオンにもオフにも着用できるシリーズですが、定価が高いのが難点ではないでしょうか。少しでも安く購入したいなら中古販売されている商品を活用しましょう。では、具体的にどの程度の価格で販売されているのでしょうか、中古販売相場をご紹介します。

W7100056

中古販売相場は60~70万円です。

WSCA0010

中古販売相場は60~70万円です。

W7100016

中古販売相場は40~50万円です。

W7100055

中古販売相場は70~80万円です。

W2CA0008

中古販売相場は80~90万円です。

中古の腕時計は通常であれば市場価格の半額程度で取引されますが、カルティエに至っては資産性の高さから、中古であっても、市場価格と大差なく取引されています。

特に、希少なモデルであれば新品購入時よりも高い値で販売されることもしばしばです。気になるモデルがあるのであれば、中古品として安くなるのを待つのではなく、新品を購入する方がよりカリブル ドゥ カルティエ ダイバーの世界を楽しむことができるでしょう。

目次へ

まとめ

カルティエの最高傑作ともいわれるカリブル ドゥ カルティエ ダイバーの魅力をご紹介してきました。逆回転防止ベゼルや300m防水機能などの高機能性だけでなく、おしゃれでありながらも騒がしくない大人向けデザインも人気の理由です。

ただし、定価が高い分、気軽に購入するのは難しいところです。

そこで、弊社がご提供する腕時計レンタルサービスをご利用されてみてはいかがでしょうか。

では、カルティエなどの高級腕時計も数多く取り揃えています。今回ご紹介したカリブル ドゥ カルティエ ダイバーも人気モデルとしてご愛用いただいております。

ぜひ、購入前の試着として、普段使いとして、カリブル ドゥ カルティエ ダイバーの良さを体感してみてはいかがでしょうか。

レンタル腕時計サービス KARITOKE


お好きな腕時計を月額制でレンタルすることができる新しいサービスです。憧れの腕時計をシーンや気分に合わせてファッション感覚で楽しむことができます。

返却期限無し、メンテナンス原則不要。商品が届いたその日からお楽しみいただけます。

3,980円(税抜)から19,800円(税抜)のプランまで、商品のランクに合わせて 4 つのプランで展開しております。

ネットだけでなく、有楽町マルイ店、なんばマルイ店にて実際に商品を試着してからレンタルすることができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう