軽量なウブロ クラシック フュージョン チタニウムの持ち味とは

高級時計の中でも世界中で愛されていて、クオリティやデザイン性の高さに注目が集まるウブロ。中でも、着け心地がよく、おしゃれに決まるウブロ クラシック フュージョン チタニウムの持ち味や魅力は、どのようなところにあるのでしょうか。販売価格や中古買取価格、中古販売価格についても併せてご紹介しています。

この記事は約7分で読み終わります。

エレガントでクラシカルなウブロ クラシック フュージョン チタニウム

 

1980年に創設されたウブロは、スイスの高級腕時計メーカーとして世界的な地位を占めています。「ウブロ」とは、フランス語の「hublot」。つまり、船の舷窓に由来します。名前の通り、腕時計のベゼルには、舷窓を連想させるビス留め加工が施されています。

ウブロ クラシック フュージョン チタニウムは、同ブランドの大ヒット作である「ビッグバン」に着想を得ています。ベースとなるのは、1980年、ウブロのデビュー当初に発売されたクラシックなタイムピースで、チタンという現代的な素材をプラスした、過去と現代を融合させるシルエットに仕上がっています。

装着中もストレスを感じさせない軽量感にも注目です。ウブロ クラシック フュージョン チタニウムは、チタニウムを素材として使用することで、実質、約80gと軽量化が図られています。その軽さと、フィット感抜群のブレスレットにより、これまでにない装着感を実現しました。

ケースサイズは45mmと、やや大ぶりサイズのメンズモデルですが、日本限定の42mmモデルも展開されています。ウブロ クラシック フュージョン チタニウムの、クラシカルでエレガントなデザインは、スーツスタイルにも最適です。まさに、ビジネスシーンに活躍する一本として愛用していただけます。

目次へ

ウブロ クラシック フュージョン チタニウムのモデル紹介

それでは、ウブロ クラシック フュージョン チタニウムの人気モデル紹介をいたしましょう。

・ウブロ クラシック フュージョン チタニウム

511.NX.1171.LR

ウブロ クラシック フュージョン チタニウムのベースとなるモデルです。ストラップは、ブラックラバーとアリゲーター皮革が絶妙にマッチしていて、ダイヤル部と共に、落ち着きあるブラックトーンに統一されています。

ベゼルには、ウブロのアイコン的なビスがデザインされています。シンプルなデザインをお求めの方におすすめのモデルです。

・ウブロ クラシック フュージョン チタニウム

510.NX.1170.NX

こちらのモデルは、ブレスレット部分にもチタンが使われています。

ブラックの文字盤とシルバーのベゼル、ブレスレット部との対比的で引き締まったデザインが美しく、スーツとも好相性に仕上がっています。ベゼルだけでなく裏蓋はシースルーバックで、ムーブメントの細やかな動きが覗けます。

・ウブロ クラシック フュージョン チタニウム クロノグラフ

520.NX.2610.NX

ウブロ クラシック フュージョン チタニウムに、クロノグラフ機能をプラスしたモデルです。文字盤、ブレスレットともにシルバー色で統一されていて、爽やかさが溢れる明るいデザインとなっています。

裏蓋はシースルーで、内側には「HUBLO」の文字が浮かび上がります。自動巻きムーブメントでお手入れも楽な一本です。

・ウブロ クラシック フュージョン チタニウム ダイヤモンド

565.NX.1171.RX.1104

ユニセックスタイプで、ケース径は38mmと小ぶりなデザインです。

チタン製で軽さがありつつも強靭なケースには、2列配置のパヴエダイヤモンドが贅沢に使われています。ウブロ クラシック フュージョン チタニウムの中でも特にエレガントさが備わったゴージャスなモデルです。

・ウブロ クラシック フュージョン クラシコ ウルトラシン チタニウム

545.NX.1270.LR

通常のウブロ クラシック フュージョン チタニウムには、時針、分針、秒針が備わっていますが、こちらのモデルは文字盤にスモールセコンドウィンドウが設けられています。秒針が分けられたことで、ケースの厚みが9mmにまで抑えられ、腕元を邪魔しない完成されたシルエットとなっています。

目次へ

ウブロ クラシック フュージョン チタニウムの価格相場

ウブロは高級腕時計ブランドのため高価ですが、ウブロ クラシック フュージョン チタニウムの実売価格はどれくらいでしょうか。価格相場をご紹介します。

・ウブロ クラシック フュージョン チタニウム

一番ベーシックなモデルで、定価は1,015,200円(税込)のところ、価格相場は60~70万円(税込)となっています。

・ウブロ クラシック フュージョン チタニウム クロノグラフ

クロノグラフ機能が搭載されているため、定価は1,31,600円(税込)と、ベーシックモデルに比べると高価です。

市場価格は、90~95万円(税込)と、少し割安となっています。

・ウブロ クラシック フュージョン チタニウム ダイヤモンド

ダイヤモンドが施されたゴージャスなデザインで、定価は982,800円(税込)のところ、価格相場は70~75万円です。

・ウブロ クラシック フュージョン クラシコ ウルトラシン チタニウム

スモールセコンドが独立しているため薄いケースが特徴のこちらのモデルは、定価が1,436,400円(税込)ですが、実売価格は100万円前後です。

目次へ

ウブロ クラシック フュージョン チタニウムの中古買取相場

ウブロ クラシック フュージョン チタニウムを購入したけれど、他の腕時計も気になる場合、中古買取に出してみてはいかがでしょうか。ウブロの腕時計は資産価値があるため、中古市場でも十分に買取ってもらえます。参考までに、中古買取相場をご紹介しましょう。

ベーシックモデルの買取相場は、約40万円、クロノグラフ搭載モデルで約70万円です。定価に比べると、4割から5割程度の買取価格となっています。

もちろん、最高額に近い買取価格となっているため、この価格よりも査定額が低くなることがあります。

そこで、より高く買取ってもらうために、いくつか工夫をしてみましょう。

まず、購入時の箱や保証証などの付属品は取っておきましょう。付属品が揃っていることで、販売時にもより高額が付けられるため、買取額も高くなります。

また、査定に出す前に、汚れを取っておくことも大切です。小さな傷は磨いておくなど見た目を綺麗にしておくことで査定額がアップします。

ちょっとした手間がかかります、高く買取ってもらうためにも、しっかりとお手入れしましょう。

目次へ

ウブロ クラシック フュージョン チタニウムの中古販売相場

日々のおしゃれをワンランクアップさせる、ウブロ クラシック フュージョン チタニウムは、ファッションアイテムとしてもぜひ購入しておきたい一本です。ですが、ウブロの腕時計は高価なため、定価で購入するとなると難しいと感じることもあるのではないでしょうか。

新品にこだわらないのであれば、中古販売を利用してみましょう。中古品とはいえ、新品同様の美品も販売されています。

中古での販売相場は、美品のベーシックモデルで、約50万円、クロノグラフ機能付きで約75万円、薄型モデルで約90万円ほどです。

新品購入が難しい場合は、中古品を検討してみましょう。

目次へ

まとめ

ウブロの伝統的なエレガントさに現代のおしゃれさがプラスされた、ウブロ クラシック フュージョン チタニウムは、シンプルでビジネスシーンやフォーマルシーンに似合う腕時計です。

繊細な部品を手作業で組み立てていることもあり、非常に高額となっています。

弊社がご提供しているKARITOKE(https://karitoke.jp/)では、月額で腕時計をレンタルしていただけます。紹介したウブロ クラシック フュージョン チタニウムに加え、ロレックス、オメガなど高級腕時計が目白押しです。是非ご相談ください。

レンタル腕時計サービス KARITOKE

お好きな腕時計を月額制でレンタルすることができる新しいサービスです。憧れの腕時計をシーンや気分に合わせてファッション感覚で楽しむことができます。

返却期限無し、メンテナンス原則不要。商品が届いたその日からお楽しみいただけます。

3,980円(税込4,378円)から19,800円(税込21,780円)のプランまで、商品のランクに合わせて5つのプランで展開しております。

ネットだけでなく、有楽町マルイ店にて実際に商品を試着してからレンタルすることができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう