大事な腕時計は収納ケースに

自慢の腕時計は、おしゃれ目的で身に着けるだけでなく、家に帰ったあともスタイリッシュに収納しておきたいもの。中には複数ある腕時計をコレクションとして並べ、家で眺めるのを楽しみのひとつとしている方もいるでしょう。 大切な腕時計だからこそ、ふとした拍子に落下したり、物が当たって傷がついてしまうことは避けたいはずです。今回は腕時計の家での保管方法・楽しみ方をご紹介します。

この記事は約5分で読み終わります。

腕時計の管理は収納ケースがおすすめ

腕時計は基本的に収納ケースに入れておくのがおすすめです。腕時計に限らず多用途に使える収納ケースを利用しても構いませんが、腕時計専用のケースも多数販売されています。それらを利用するとよりおしゃれに腕時計の保管ができます。いくつか収納例をみてみましょう。

・魅せる収納で時計を楽しむ

コレクションの腕時計を眺めて楽しみたい、魅せる収納で保管したい場合は蓋がクリアなケースを選ぶのがおすすめ。木でできたものからアルミでできたものまで、さまざまな素材の収納ケースが選べます。収納本数も1本のものもあれば10本以上収納できるものもあります。本数に関係なく、自分の大切な時計をきれいに整頓しつつ飾ってみてはいかがでしょうか。

・自動巻き腕時計なら専用ケース

そもそも自動巻き腕時計は、腕を動かすことで中のローターが動き、ゼンマイが巻き上げられることにより時計の針が動きます。そして身に着けず30時間以上置いておくと自然と止まってしまう仕組みです。ただ長期間放置していると、オイルが固まったりサビの原因になるなどトラブルにつながる可能性もあります。

そのため毎日身に着けない自動巻き腕時計は、定期的に自動で巻き上げてくれる専用の時計ケースに収納するのがおすすめ。この自動巻き腕時計専用ケースは「ワインディングマシーン」とも呼ばれています。

自動巻き腕時計専用のワインディングマシーンも、その他のケースと同様にリーズナブルなものから高級品まで、素材や収納可能本数によって価格はさまざまです。自動巻き腕時計の保管方法を決める際は、時計内部が劣化しないよう自分の着用頻度を考えながら判断するとよいでしょう。

腕時計収納ケースを自作で

高級素材を使った収納ケースや専用ケース以外にも、リーズナブルな価格の時計収納ケースは多く販売されています。自動巻き腕時計でなければ、台座にのせるだけのディスプレイタイプのものや、100均の箱も収納ケースとして利用できます。

アクリルケースや幅が狭い引き出しでも、小さなクッションにバックルやベルトを通せばきれいに収納することが可能です。特別高価な腕時計でなければ、100均のアクリルの引き出しや重ねられるボックスでも問題ないでしょう。

他にも、おしゃれなお酒のボトルや瓶に通したり、アンティークなタオル掛けなど、引っ掛けることができれば自作の腕時計収納ケースとして活用できます。

最近はDIYも流行しており、100均だけでなく手芸店やホームセンターなどで簡単に工具も材料も手に入ります。木材とグルーを用意すれば簡単にオリジナル腕時計収納ケースも作れます。ネックレスやピアスなどと一緒にしまっておける収納ケースやラックを作れば、よりおしゃれに魅せる収納ができるでしょう。自分好みにアレンジしながら保管したい方には、腕時計自作収納ケースはおすすめです。

ただケースを自作するのであれば、蓋が閉まらないケースとアクリルケースの場合は要注意。まず、蓋のない(閉まらない)置くだけタイプの収納ケースは埃が溜まりやすく、こまめに掃除が必要だということです。クッションとなるものがないため、側面との接触によって傷がつく可能性もあります。

また、アクリルケースに革ベルトの時計を収納する場合、置いておく場所に注意が必要です。革は熱に弱く、直射日光に当たる場所に置いておくと変色などの原因になります。また、自作ケースに関わらず時計は磁気に弱いので、携帯電話やテレビ、パソコンの近くに置くのも控えましょう。

持ち運びができる腕時計の収納ケース

腕時計を身に着けずに持っていく場合や旅行先などでの保管には、1,2本の時計が入る、持ち運びができる収納ケースがおすすめです。

・持ち運び用腕時計収納ケースの選び方

バッグでお馴染みのブランド、ポーターからも数本腕時計の入る収納ケースが販売されています。3本以上持ち運ぶ場合は、トランク型の腕時計収納ケースがおすすめです。一つひとつの腕時計が飛び出さないよう固定できるなど、持ち運びが可能なケースには工夫が施してあります。

もしトランク型でなく、もう少しコンパクトに持ち運びたい場合には、5本以上入るプラスチック製やレザー仕様のケースもあります。収納ケースの素材はさまざまですが、中には外からの圧力などから腕時計を守りきれていないものもあります。柔らかい素材のケースを選ぶ場合は、中の保管状況がどのようになっているかを見て判断しましょう。

・おしゃれに収納したい時には

ルイ・ヴィトンやカミーユ・フォルネといったハイブランドからも、時計ケースは販売されています。時計だけでなく他の小物類を収納する場合もケースはこだわりたい、おしゃれにきめたいという人にはハイブランドの収納ケースがおすすめ。

カミーユ・フォルネの腕時計収納ケースは持ち運びにも便利な1本収納タイプで、時計のベルト専門店らしく上品なレザー素材を使用しているのが特徴です。ルイ・ヴィトンは持ち運び用の小さいケースから、5本以上入るボックスケースまで販売されています。

時計のデザインは、スタイリッシュで美しいフォルムのものが多いです。魅力的な時計のデザインを堪能しつつ、きれいなまま保管するために収納ケースの使用がおすすめします。

腕時計収納ケースの種類も自作のものからハイブランドのものまで、幅広く選ぶことができます。そして自動巻き腕時計は専用ケースも複数販売されています。

大切な時計を長く愛用するために、お気に入りの収納ケースをみつけて適切に保管しておきましょう。

レンタル腕時計サービス KARITOKE


お好きな腕時計を月額制でレンタルすることができる新しいサービスです。憧れの腕時計をシーンや気分に合わせてファッション感覚で楽しむことができます。

・返却期限無し、メンテナンス不要。商品が届いたその日からお楽しみいただけます。

・3,980円から19,800円のプランまで、商品のランクに合わせて 4 つのプランで展開しております。

・リアルショップを東京・有楽町マルイ8F、大阪・心斎橋にオープン。ネットだけでなく、実際に商品を試着してからレンタルすることができます。

KARITOKEで時計を借りたい方はこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう