高級腕時計にはステンレスが使われている?ステンレスのメリット

高級腕時計にはステンレスが使われている?ステンレスのメリット 高級ブランドの腕時計には、しばしばステンレス素材が使われていますが、一見すると安価に感じるステンレスに、どんなメリットがあるのでしょうか。ステンレスを使用した代表的なモデルについてもご紹介します。

この記事は約6分で読み終わります。

ステンレスの腕時計って?特徴について

たくさん並んだ腕時計

ステンレスというと安価なイメージがありますが、高級腕時計では、こぞってステンレスが使われています。実は、高級腕時計で使われているステンレスは、特殊な加工がされていて、より強度が高く希少なものが厳選されています。

代表的なステンレスは「SUS304」、「SUS316L」、「SUS904L」と呼ばれており、熱や水に強い性質があります。では、このようなステンレスには、それぞれ、どんな特徴があるのでしょうか、詳しく見てみましょう。

・水に強く錆びにくい

ステンレス素材の一番の特徴は、錆びにくいことです。たいていの金属は、雨や汗などの水分がついてそのままにしておくと、時間の経過とともに錆びてしまいます。ですが、ステンレスは耐水性に優れていて、少々のことでは錆びない特性があります。

・強度がある種類も

オメガやゼニス、ブライトリングといった高級ブランドでは、「SUS316L」という材質が用いられています。SUS316Lは、サージカルスチールとも呼ばれ、医療界でも使われる特殊なステンレスです。強度が高く、衝撃にも強い特性があります。

また、ロレックスで用いられている「SUS904L」は、スーパーステンレスと呼ばれていて、SUS316Lよりも強度が高く、耐食性も兼ね備えています。ただし、SUS904Lは合成が難しく、高い技術を必要とします。

そのため、SUS904Lの加工は、技術力が高いロレックスのみの専売特許となっています。ロレックスの腕時計が丈夫で防水性が高く実用的な理由は、スーパーステンレスという素材によるものといえるでしょう。

・実は高価で加工にも費用がかかる

高級腕時計に使われているSUS316LやSUS904Lは、一般的なステンレスよりも特殊だということはお伝えしましたが、特殊な分だけ合成に費用がかかります。特に、SUS904Lのような強度が高く硬いステンレスとなると、腕時計に加工するまでに多大な技術力と費用が必要です。

さらに、仕上げ加工として磨き上げもしなければなりません。丁寧に磨き上げられたステンレススチールはまるで貴金属のような輝きを放ちますが、手間と費用がかかってしまいます。

・アレルギーを起こしにくい

SUS316LやSUS904Lは、鉄に別の材質をブレンドして作られているため、他の金属に比べてアレルギー反応が起こりにくくなっています。そのため、金属アレルギーを持っている方でも、アレルギー反応に気を使わずに着用できます。

ただし、あくまでアレルギー反応を起こしにくいだけですので、着用中に違和感があれば、ただちに時計を外して医師に相談しましょう。

目次へ

ステンレスを使用した腕時計のブランドって?

シルバーの腕時計

それでは、ステンレスを素材に取り入れた腕時計にはどんなブランドがあるのでしょうか。代表的なブランドやモデルをご紹介しましょう。

・ロレックス

ロレックスの外装素材に用いられているSUS904Lは、スーパーステンレスとも呼ばれる特別なステンレスです。

そもそも、ステンレスは鉄にクロムなどを合成してつくられた特殊な合金ですが、さらに加工して耐蝕性を高めたのがSUS9040Lです。スーパーステンレスと呼ばれる理由は、成分配合にあります。

もとは最先端の科学産業分野で開発されたSUS904Lですが、ステンレスの主な成分が鉄であるのに対して、SUS904Lでは鉄の配分度合いが約半分にまで減らされています。SUS904Lは、ステンレスと別の金属との限界点にあるスーパーステンレスといえるのではないでしょうか。

さて、ロレックスのタイムピースには、全てにスーパーステンレスであるSUS904Lが使われています。もとは海中で用いられるため耐久性が必要なダイバーズウォッチに使われていましたが、現在では、すべてのモデルに採用されています。費用がかかるSUS904Lを贅沢に使用しているのは、資金力が豊かなロレックスならではの魅力といえるでしょう。

・オーデマピゲ ロイヤルオーク

140年以上もの歴史を誇るオーデマピゲのロイヤルオークは、1972年の発表から現在にいたるまで長く評価されているモデルです。

ロイヤルオークは、ステンレス素材とは切っても切り離せない関係にあり、1972年の登場当初、スポーツウォッチとして世界初のステンレス素材を実現したモデルでした。

ゴージャスな腕時計に定評があるオーデマピゲが、ステンレス素材に着手したことは当時、世界を騒がせました。もちろん、安価なものではなく上質なステンレスが使われており、表面の磨き加工にも力が入れられています。

また、いうまでもなく、ステンレス素材は軽量で装着感も良いのが特徴で、スポーツシーンに欠かせない存在となっています。

ところで、ロイヤルオークを特徴づけているのは、ステンレスにとどまりません。印象的な八角形をしたオクタゴンケースの創造的なデザインも、マニアの興味を引く理由です。

オーデマピゲ普及の名作ともいわれるロイヤルオークは、クロノグラフ機能搭載モデルなどバリエーションが豊かです。一度手に取れば、その魅力を実感することでしょう。

オーデマピゲ ロイヤルオークの詳しい魅力についてはこちらの記事を参考にしてみて下さい

https://karitoke.jp/magazine/article/audemars_piguet_royal_oak/

・フランクミュラー ラウンド ヴィンテージ

フランクミュラーというとトノー型ケースが印象的ですが、ラウンド ヴィンテージは、その名の通り綺麗なラウンド型のケースが採用されています。

ラウンド型ケースは、フランクミュラーがブランド化する前に流通していた形で、懐中時計を思わせるようなクラシカルなデザインとなっています。ラウンド ヴィン

テージの裏蓋は、シースルーバックになっていて、心行くまでムーブメントの動きを鑑賞できます。

そして、ケース素材には、当時、流通量が少なかったステンレスが使われており、メンズ、レディースモデルともにつけやすい軽さに仕上がっています。

今となっては、フランクミュラーは独創的なデザインが主流。しかし、アンティーク好きの方には、ステンレスと革ベルトの相性が良く落ち着いたデザインの、ラウンド ヴィンテージも良いのではないでしょうか。

目次へ

まとめ

ステンレス素材は、軽量で水に強い素材で、高級腕時計にも多用されています。特に高級ブランドで使われているステンレスは、強度が高く、少々の衝撃にも強さを発揮します。

特に、ロレックスでは、全モデルでSUS904Lと呼ばれる最上級のステンレスを使っており、耐水性・耐衝撃性を向上させています。

また、オーデマピゲやフランクミュラーなどの有名ブランドでも一部モデルで軽量なステンレスを使用しており、スポーツシーンなどでも愛用されています。

今回ご紹介したロレックスの腕時計は、弊社が提供する月額制腕時計レンタルサービス、KARITOKE(https://karitoke.jp/) にてご利用いただけます。他の材質とは異なる世界最高ランクのステンレス腕時計を体感してみてくださいね。

レンタル腕時計サービス KARITOKE

お好きな腕時計を月額制でレンタルすることができる新しいサービスです。憧れの腕時計をシーンや気分に合わせてファッション感覚で楽しむことができます。

返却期限無し、メンテナンス原則不要。商品が届いたその日からお楽しみいただけます。

3,980円(税抜)から19,800円(税抜)のプランまで、商品のランクに合わせて 4 つのプランで展開しております。

ネットだけでなく、有楽町マルイ店、なんばマルイ店にて実際に商品を試着してからレンタルすることができます。