スケルトン腕時計(歯車の見える腕時計)の仕組みや種類について解説

腕時計の中には、スケルトンになって歯車などの部品が見えるモデルがあります。けれども、どの部品がどんな役割を果たしているのか、見ているだけでは分からないものです。そこで腕時計が動く仕組みと、スケルトンモデルの種類について解説します。

この記事は約6分で読み終わります。

スケルトン腕時計(歯車の見える腕時計)の歯車が動く仕組みとは?

スケルトン腕時計の多くは機械式です。ゼンマイを利用して針を動かします。機械式の腕時計は、動かすために必ずゼンマイを巻かなければいけません。ケースの右横にあるリューズで巻くのが基本です。

巻かれたゼンマイはゆっくりと解かれて、元のまっすぐな形に戻ろうとします。このとき発生する力が歯車に伝わって腕時計が動くのです。一般的にゼンマイは「香箱車」という歯車の形をした部品に収められており、それ自体が回転して次の歯車へ動力を伝えます。

以降、2番車→3番車→4番車の順で動力が伝わります。2番車は分針を直接動かし、間接的に時針も動かす歯車です。3番車は2番車と4番車の仲介役であり、4番車が秒針を動かします。

これらは滑らかに動くよう設計されているため、そのままでは瞬く間にゼンマイがほどけて、時計の役割を果たしません。そこで4番車の次に「ガンキ(雁木)車」という部品を接続して、動力が1秒ずつ消費されるよう速さを調整します。

ガンキ車には、ヒゲゼンマイ→テンプ→アンクルの順番で動力が伝わる仕組みです。名前だけではどのような役割を果たすのか分かりづらいですが、英語に訳すとイメージしやすいでしょう。

ガンキ車は「Escape Wheel」ですから、ゼンマイの動力を逃がす歯車となります。同様にヒゲゼンマイは「Balance Spring」で速さを調節するためのバネ、テンプは「Balance」で速さの調節、アンクルは「Pallet Lever」で爪のついたレバーです。

例えば柱時計は振り子の動きによって、ゼンマイがほどける速さを調節しています。腕時計で同じ役目を果たすのがテンプと、その内部にあるヒゲゼンマイです。元となるゼンマイの力を受けてテンプが動き出すと、ヒゲゼンマイが収縮して規則正しい往復回転に変換します。

テンプの上には「振り石」という突起があり、テンプの回転と同時にアンクルを押して左右に動かします。アンクルの先端には2本の爪がついており、必ずどちらかがガンキ車に引っかかるため、以降の歯車も動きが制御されるというわけです。これらの働きによって、腕時計は1秒ずつゼンマイがほどかれ、正しく時を刻めます。

機械式のスケルトン腕時計では、テンプの回転や左右に動くアンクル、ガンキ車や香箱車などの回転を見られます。仕組みを知ってから見ると、その精密さに驚かされるでしょう。

目次へ

スケルトン腕時計(歯車の見える腕時計)の種類とは

スケルトン腕時計はその動力源によって、いくつかの種類があります。

まずは機械式のスケルトンです。機械式の中でも自動でゼンマイを巻き上げてくれる「自動巻き」機能が付いているものは、先述の部品に加えて「ローター」と呼ばれる振り子が付いています。腕の動きなどで遠心力が発生すると、回転してゼンマイが巻かれる仕組みです。うっかりリューズでゼンマイを巻くのを忘れても、身につけていれば動き続けます。

ただし、ローターは腕時計の下部に配置されているため、表面がスケルトンになっているだけでは、その存在を確認するのが困難です。そこで裏蓋がスケルトンになっている「シースルーバック」(裏スケ)という腕時計があります。

シースルーバックにすると、表と違って文字盤が無いため、他の部品も(裏側からですが)見やすいのが長所です。一方で耐久性や気密性が低下する恐れがあるため、採用しないブランドもあります。

そして、クォーツ式のスケルトンです。クォーツ式とは「水晶振動子」の振動を動力とする腕時計です。ボタン電池で電流を流すと、規則的な振動が発生し、これをICチップが1秒単位の動力に変換して歯車を動かします。

このような仕組みのため、機械式にあったゼンマイ(香箱車)やガンキ車、アンクル、テンプ(ヒゲゼンマイ)はありません。スケルトンにしても大部分はカバーで覆われているため、せいぜい歯車が見えるくらいです。

機械式に比べると腕時計の面白味に欠けるのが短所ですが、クォーツ式にはそれを上回る長所がたくさんあります。時刻の狂いが少なく、こまめにゼンマイを巻く手間もありません。腕時計の小型化や軽量化にも貢献しています。メンテナンスは電池の交換くらいです。機械式のように定期的なオーバーホールをしなくても長持ちします。

スケルトンの腕時計は、そうでない同等の腕時計に比べると割高です。クォーツ式であれば安価で購入できますが、機械式となると多くは50万円以上で、1,000万円を超えるモデルもあるなど、簡単に手を出せるものではありません。

そんなときは弊社「KARITOKE」をご利用ください。月額料金を払うだけでお気に入りの腕時計をレンタルできます。同じ腕時計をレンタルし続けても良いですし、月に1回は交換が可能です。

月額料金は最も高いエグゼクティブプランでも19,800円(税抜)と、腕時計にかかる費用を大幅に節約できます。もちろんスケルトンの腕時計もレンタル可能です。

目次へ

歯車のデザインが見えているおすすめの腕時計って?

ここからはスケルトンで歯車のデザインが見えて、KARITOKEでも扱いがある腕時計を紹介します。

・タグホイヤー カレラキャリバーホイヤー01

クロノグラフを搭載した自動巻きの腕時計で、表だけでなく裏もスケルトンになっています。クロノグラフになると内部の機構はさらに複雑化するので、スケルトンにすると見応えがあるでしょう。KARITOKEではエグゼクティブプランでレンタルできます。

・ハミルトン ジャズマスター・ビューマティック・オープンハート

大胆に文字盤をカットして、デザイン性のあるスケルトンにしたモデルです。裏もスケルトンになっています。もちろん機械式腕時計ならではの歯車やテンプ、アンクルの動きは見られるようになっているので安心です。KARITOKEではカジュアルプラン(月額3,980円・税抜)でレンタルできます。

・ウブロ ビッグバンなど

ウブロのスケルトンといえば「ウニコ」ですが、残念ながらKARITOKEでは扱いがありません。その代わり、ウブロのモデルはほとんどがシースルーバックなので、裏側からローターなどの動きを見られます。すべてのモデルがエグゼクティブプランでレンタル可能です。人気が高いため、思い立ったらすぐ予約するのがおすすめです。

目次へ

まとめ

腕時計は歯車など部品の精密な動きによって、正確な時刻を表しています。スケルトンのモデルは、そんな部品の動きを楽しめる腕時計です。高価な機械式のスケルトンも、レンタルすれば手軽に楽しめるでしょう。

レンタル腕時計サービス KARITOKE


お好きな腕時計を月額制でレンタルすることができる新しいサービスです。憧れの腕時計をシーンや気分に合わせてファッション感覚で楽しむことができます。

返却期限無し、メンテナンス不要。商品が届いたその日からお楽しみいただけます。

3,980円(税抜)から19,800円(税抜)のプランまで、商品のランクに合わせて 4 つのプランで展開しております。

ネットだけでなく、有楽町マルイ店、なんばマルイ店にて実際に商品を試着してからレンタルすることができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう