ヴァシュロンコンスタンタン ケ・ド・リルの相場や魅力

世界3大高級時計メーカーの一つとされる、老舗時計ブランドのヴァシュ・ロンコンスタンタン。 時代を経ても変わらないマルタ十字をシンボルに掲げたこのブランドの「ケ・ド・リル」には、どんな魅力があるのでしょうか。 ケ・ド・リルの特徴や新品モデルの価格相場、中古市場や買取価格についても、まとめて解説していきます。

この記事は約6分で読み終わります。

ヴァシュロンコンスタンタン ケ・ド・リルの魅力

1755年の創業のヴァシュロン・コンスタンタンは、パテック・フィリップやオーデマ・ピゲと共に、世界三大高級時計メーカーの一つとされているスイスの老舗時計メーカー。

世界最古ともいわれるこのブランドは、男性らしいどっしりとした重厚さや、宝飾品を使ったエレガントな時計を数多く発表し、長い年月の中でハイクラスの男性から常に人気を集めてきました。

今回ご紹介するケ・ド・リルは、創業者であるジャン・マルク・ヴァシュロンが24歳で始めて時計工房を構えた地、スイスの「ケ・ド・リル(Quai de l’ile)」の名を与えられた特別なシリーズです。

他のシリーズのように機構やデザインに特定のコンセプトがあるのではなく、「お客様への個別サービス」に重点を置いて作られているのが特徴。

ラウンド型・クッション型・トノー型と自由にケースのデザインが自由に選べ、それに好みのベゼルやリューズ、文字盤やベルトストラップを組み合わせることで、自分だけの、他に類をみない個性的なヴァシュロン・コンスタンタンが作れてしまうのです。

そのバリエーションの多さは、なんと約400種類にも及ぶのだとか。

お客様一人一人の要望に応じた良い時計を作ることは、ヴァシュロン・コンスタンタン創業以来の伝統的な経営理念。

ケ・ド・リルはそんな創業者の思いを現代に伝える、特別な時計なのです。

ヴァシュロンコンスタンタン ケ・ド・リルのモデル紹介

ユーザーが自由にケースやデザインを選べる時計は一見簡単にできそうなものですが、実はケースにもそれぞれのタイプごとに個性があって、全体的にまとまった時計を作るのは難しいもの。

ケ・ド・リルはその難しさを克服して、何を組み合わせても自然にヴァシュロン・コンスタンタンらしいルックスの時計に仕上がります。そこが時計好きにはたまらない魅力です。

いくつかあるモデルの中から、特に人気が高いものを3つご紹介していきましょう。

■ケ・ド・リル 86050/000R-I0P29

「キャリバー2460 QH」を搭載した自動巻き時計で、ケ・ド・リルのベーシックタイプ。

ピンクゴールドの柔らかな光沢のケースや文字盤を組み合わせた、ヴァシュロン・コンスタンタン伝統のエレガントさが際立つモデルです。

■ケ・ド・リル・レトログラード・アニュアルカレンダー

丸みのあるエンボスの文字を使い、文字盤に時表示、指針式の月表示、年次カレンダーを配したモデル。

高精度なムーンフェイズも指針式のグラードカレンダーにも、レトロなアンティーク感が満載です。

■ケ・ド・リル ステンレススティール ブルーダイヤルモデル

完全自社製機械式自動巻きムーブメント、「キャリバー5100/1」を搭載した最新モデルで、文字盤からブレスレットまで統一された、清冽なブルーの色使いが特徴。

文字盤には蛍光素材がアクセントを添え、シンプルながらも男性的な力強いデザインに仕上がっています。

ヴァシュロンコンスタンタン ケ・ド・リルの価格相場

ヴァシュロン・コンスタンタンは高級時計のブランドだけあって、新品価格は高額。

シンプルなものでも150万円越えはあたり前なのですが、搭載しているムーブメントの性能や機構の複雑さによっても値段は左右されます。

ケ・ド・リルのなかでも人気のモデルの新品相場は、次のとおりです。

■ケ・ド・リル 86050/000R-I0P29 4,500,000円~

■ケ・ド・リル・レトログラード・アニュアルカレンダー 8,150,000円~

■ケ・ド・リル ステンレススティール ブルーダイヤルモデル 1,650,000円~

ケ・ド・リルもピンクゴールドのラウンドケースを使った、ヴァシュロン・コンスタンタンらしいエレガントなタイプが主流ですが、新しく発表された鮮やかなブラック・ホワイト・ブルーを使ったステンレスモデルも人気が出始めています。

ヴァシュロン・コンスタンタン ケ・ド・リルの中古買取相場

ヴァシュロン・コンスタンタンの時計はもともともの価格が高く、その美しさから芸術的な価値もあり、中古の買い取りも盛んです。

特に自分の好みにカスタマイズできるケ・ド・リルは時計愛好家から人気が高く、出回る数が少ないこともあって、中古でもそれほど価値が下がらず、比較的良い価格がつくことも。

人気のモデルであれば、中古の買取価格の相場は次のようになります。

■ケ・ド・リル 86050/000R-I0P29 2,000,000円~

■ケ・ド・リル・レトログラード・アニュアルカレンダー 5,000,000円~

■ケ・ド・リル ステンレススティール ブルーダイヤルモデル 1,30,000円~

ただしこれはあくまでも状態の良い商品の相場で、中古の買取価格は時計の状態によっても大きく左右されます。

箱や保証書、説明書などの付属品が全てセットになっていれば買取価格が良くなりますし、ケ・ド・リルの場合は替えベルトも一緒に持参したほうが、査定額アップが狙えます。

ヴァシュロン・コンスタンタンといえども時計は使わないと劣化が早く、買取価格も下がってしまうので、デザインに飽きて使わないケ・ド・リルがある場合は早めに査定に出すことをおすすめします。

ヴァシュロンコンスタンタン ケ・ド・リルの中古販売相場

ヴァシュロン・コンスタンタンは高級時計の中でも高額帯のブランドですし、信頼性の高いムーブメントは中古でも遜色なく使えますので、ケ・ド・リルも中古で買い求めるのは賢い選択です。

ただし、残念ながらヴァシュロン・コンスタンタンのブランド自体、中古でもあまり販売価格が値下がりしません。

人気のケ・ド・リルの中古の販売価格の相場は、次のとおりです。

■ケ・ド・リル 86050/000R-I0P29 3,500,000円~

■ケ・ド・リル・レトログラード・アニュアルカレンダー 7,000,000円~

■ケ・ド・リル ステンレススティール ブルーダイヤルモデル 1,400,000円~

ヴァシュロン・コンスタンタンは価格が高いだけに、メンテナンスをしながら大事に使う人が多く、中古でも状態が良いのが特徴。

需要の高さに対して中古で出回る数が少ないので、中古のケ・ド・リルを求める場合はこまめに販売店をチェックしておくといいでしょう。

まとめ

どんなに高性能な時計を作っても衰退してしまうメーカーもあるなかで、ヴァシュロン・コンスタンタンが長い年月多くのファンを集めているのは、そのブランド力に慢心せず、ユーザー第一の製品を作り続けてきたからこそ。

カスタマイズ自由なケ・ド・リルは、そのヴァシュロン・コンスタンタンのまさに神髄ともいえるシリーズ。

ぜひ良いものを選んで、長く愛用してください。