腕時計の正しい位置とは?男女別のつけ方やおすすめの位置を紹介

腕時計は「左手に付けて文字盤を外側に向ける」のが主流です。けれども、それでは使いづらいと感じる人も意外と多く存在します。どのように付けるのが正しいのか、男性の場合と女性の場合でみていきましょう。

この記事は約6分で読み終わります。

腕時計の正しい位置とは?

テレワークやスマートフォンの普及で着用頻度が減った腕時計。いざ外出、久しぶりの出社や会食の時に着けていくことになった時、なんとなく着けていませんか?

今回は正しい腕時計の着用位置や男女別での着け方についてご紹介します。

着ける腕と基本的な腕時計の位置

厳密に着け方のマナーは存在していませんが、一般的には利き手と逆の手首に着ける人が多いです。人は無意識のうちに基本的な作業を利き手で行う習性があるため、利き手に腕時計をつけてしまうと作業の妨げになってしまい不快感を感じてしまう人が多いからだそうです。また、右利きの人が多いことから龍頭の操作がしやすいように時計の右側に龍頭がつけられている時計が多いのも特徴です。とはいえ、もちろん自身のしっくりくる側の腕に着用しても大丈夫なので、好みに合わせてお選びください。

続いて腕時計の”位置”ですが、手首のポコっと骨が浮き出ている部分の少し上くらいに、手首に対して盤面が少し斜め下に向くように着用すると綺麗に見え、時刻を確認するときも文字盤が見やすくなるので試してみてください。

男性の腕時計の正しい付け方

実際のところ腕時計に決められた付け方はなく、たとえ男性がビジネスシーンで付ける時でも左手や外側にこだわる必要はありません。自分が使いやすいように付けるのが一番です。ただし左手に付けるのは、いくつかの理由があります。

そもそも腕時計は懐中時計を取り出さなくても済むように、腕に巻き付けたのが始まりだといわれています。やがてゼンマイを巻くためのリューズが右側に移動したことから、左手に付けて右手でリューズを巻くのが自然になりました。

現代においても字を書く時や作業をする時でも邪魔になりませんし、腕時計に衝撃がかかるのを防げます。いずれのケースも手首は外側を向いていることが多いので、文字盤も外側に向けていた方が目線を動かすだけで時間を確認できます。

文字盤やリューズの大きさ、手の形状、使用目的によって利き手側にした方が便利な場合もあります。例えば大きいリューズは手の甲に当たって煩わしく感じるからです。マニュアル車を運転する時もシフトレバーを操作する時に当たりやすくなります。

他にもダイバーは左手にコンパスを付けるため右手に腕時計を付ける人が多いようです。自動巻きの腕時計は論理的に運動量が多い利き手の方が確実に巻けるといわれています。左右交互に付ければ衣服との擦れも軽減されるでしょう。このように腕時計は個人の用途に応じて使いやすい位置に付けるのが正しいといえます。

目次に戻る

女性の腕時計の正しい付け方

女性も「利き手の反対の腕に付けて文字盤を外側に向ける」のが多数を占めますが、男性よりも「利き手と逆の腕に付けて文字盤を内側に向ける人」の割合が多めです。右手に付けるのは男性と同じくリューズが当たるからです。特に女性の場合はそれで手が傷つくのを嫌がります。またファッションとして他人と差別化を図るためでもあります。

目次に戻る

種類別の腕時計の位置

・ダイバーズウォッチの場合

ダイバーズウォッチの場合は、普段使いと水場で使用する場合とで着用方法が大きく異なります。ダイバーが着用する場合は、左腕に方角を示すコンパスをつけることが多いので、右腕に着用することが多いです。ダイバーズウォッチを普段使いで着用する場合は、通常通り利き腕と逆の腕に着用するのが良いでしょう。また、男性用のダイバーズウォッチはケースサイズが大きくて分厚いタイプの腕時計が多いので、しっかりと手首の形状に合わせて、ズレないような位置に着用するようにしましょう。

・ファッションウォッチの場合

ファッション向けの腕時計の場合は、腕時計を主役にした服装やファッションをすることを考えたときに、少し腕時計を目立たせたいと思いますよね。基本的に、人は生活の中で利き腕の方が動きが多いため、オシャレが好きで腕時計を目立たせたい方は、利き腕に着用するといいでしょう。手首に着けるアクセサリーと重ね付けをしてもお洒落ですが、あまりたくさんつけすぎてごちゃごちゃしすぎてしまわないように気を付けましょう。

目次に戻る

ファッション別の腕時計の位置

・ニット

ワイシャツや大半のトップスが腕時計と干渉し合うことは滅多にありませんが、オーバーサイズのニットを着る時は、ニットの上から手首の位置に腕時計を付けるのがおしゃれです。腕時計を見るのにわざわざ袖をまくり上げる必要がなく、そこだけが引き締まるため、緩いニットにメリハリがつきます。特にバックルの代わりになるような文字盤の大きくて太いベルトの腕時計が向いているでしょう。ベルトの色をウエストのベルトに合わせると統一感のあるコーディネートになります。

もしニットの上から腕時計を付けることに抵抗があるなら、袖を折り返したり、最初から袖口を詰まらせたニットを着ると違和感なく手首に付けられます。

・和服

和服を着用するときは腕時計の文字盤を内側に位置するように着用することが多いです。盤面を内側に向けるのは和装だった頃の名残だといわれています。かつての着物は脇の部分に切れ込みがありました。文字盤が外側に向いていると時間を確認するたびに脇が上がってしまうので、切れ込みから胸が見えてしまいます。文字盤を内側に向ければ手首を返すだけです。

それが転じて文字盤を内側に向けるのは女性らしさや奥ゆかしさの象徴になりました。現代においてもノースリーブを着ている時はその方が品良く見えます。ただし文字盤が大きい腕時計を内側に向けてしまうと、手首にぶつかりやすくて窮屈です。その場合は外側に向ける方が使いやすいでしょう。

シーン別の腕時計の位置

・冠婚葬祭

冠婚葬祭のシーンで腕時計を着用する場合は、なるべくシンプルな物を選んだ上で、普段より少し深めの位置に文字盤が見えないようにして着用するようにしましょう。手首が隠れないような服装で参加する場合は、細いベルトで文字盤が小さめの目立たないタイプの腕時計を選び、文字盤が内側を向くようにつけるようにするといいでしょう。

・ビジネスシーン

ビジネスシーンでは、ワイシャツの袖口から文字盤がある程度見える位置につけます。袖口から少し見える位置に着けることで時間を確認しやすいので、忙しいスケジュールで時間を確認することが多い方でも、快適に腕時計が役目を果たしてくれます。また、袖口から少し腕時計が見えることで、客先の営業や上司と話す際に着用している腕時計について触れてもらえれば会話のきっかけになることも期待できるでしょう。なお、スマートウォッチを除き、一般的な腕時計を着用する時はデジタルよりもアナログ文字盤の腕時計の方がスーツに馴染んでオシャレに見えます。

まとめ

腕時計の付け方には決まりがありません。左手・右手、外側・内側、それぞれに合理的な理由はありますが、男性も女性も自分が使いやすいように付けるのが正しいといえます。付け心地に違和感がある時は、周りを気にせず最適な位置を探してみましょう。

目次に戻る

レンタル腕時計サービス KARITOKE

お好きな腕時計を月額制でレンタルすることができる新しいサービスです。憧れの腕時計をシーンや気分に合わせてファッション感覚で楽しむことができます。

・返却期限無し、メンテナンス不要。商品が届いたその日からお楽しみいただけます。

・商品のランクに合わせて、3,980円(税込4,378円)から29,800円(税込32,780円)のプランで展開しております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう