ファッションで男の魅力を上げる!おしゃれな男になるためのコツ

男性がファッションに興味を持って、おしゃれになるのは悪いことではありません。自身の好感度が上がるだけでなく、自分に自信を持つことで振る舞いや気持ちにも良い変化が現れます。では、ファッションを意識するときには、何を心がければいいのでしょうか。

この記事は約5分で読み終わります。

ファッションに気を遣うメリット

 

まずは、ファッションに興味を持つことによるメリットを紹介します。

自分に自信がつく

身なりに気を遣うことで、自分の魅力を引き立てられるようになり、自信を持ってふるまえるようになります。どこをアピールすれば自分が際立つのか分かり、それが良い意味での個性になるわけです。

また、憧れの理想像に近づけた証であり、それを達成した自分を肯定的に捉えることもできます。自分に自信がある人は、周りから見ても魅力的に見えるものです。

センスを身に付けられる

センスを身に着けるには、自分なりにファッションを勉強しなければいけません。

まずは相手にどのような印象を与えたいのかを考えてから、買い物や試着を繰り返すことで、自分に合ったカラーと組み合わせ方、サイズ感や流行っているアイテムなどを理解していくことから始めましょう。

慣れてくると自然と美的感覚が磨かれ、自分を客観視できるようになり、それはインテリアや車など他の物選びでも発揮されるはずです。結果として周りが「センスの良い人」と評価してくれます。

出かけるのが楽しくなる

身なりに気を遣うことで、毎日どんな服を着て、どんなアクセサリーを身に着けて出かけようかと考えることが楽しくなります。TPOに合わせたファッションができるという自信があるからです。

どこに出かけても堂々と振る舞えるので、自信が無くて委縮するより、ずっと楽しめるようになります。

職場や友人、異性との交流が広がる

「人は見た目じゃない」といわれても、実際に人は初対面の時、見た目で相手を判断しがちです。そして、良い印象を持たれていれば心を開いてくれるでしょう。つまり、相手に好印象を与えるほど、初対面でも受け入れてくれる人が多くなります。

実際におしゃれな人は自分に自信があるので社交的です。仕事でもプライベートでも、自然と交流の輪が広がります。

どんなに能力が高くても、人柄が良くても、まずは相手が受け入れてもらわなければ何も伝わりません。早く自分を知ってもらうきっかけにもなるわけです。

目次へ

おしゃれに見える男のファッション

 

では、おしゃれに見えるためには、どのようなファッションを意識すればいいのでしょうか。

服装が体型にフィットしている

サイズの合っていない服は、ゆるいとだらしなく見えますし、きついと窮屈そうに見えます。体型にフィットしていれば、きちんとした印象を与えることができます。そのため、できるだけ体型にフィットした服を選ぶようにしましょう。

ほかにも、何年も着用したようなよれていたり、ほころんでいたり、色あせしていたりする服は、気に入ってる物でも潔く捨てて新しい物を購入しましょう。

服が体型にフィットしているように見せるには姿勢も大事です。背中を丸めていると服の位置がずれて、本当はサイズが合っているのに、だらしなく見えてしまいます。意識して背筋を伸ばし、胸を張りましょう。

シーズンに合った素材やアイテムを身に着ける

暑い夏にウール素材の洋服を着用したり、寒い冬に半袖のTシャツを着用したりしていると、季節感がなく、一緒に行動する相手を不安にさせてしまうことに繋がります。

また、カラーが同じでも素材によっては見え方が変わってきたりするので、吟味しながら自分に合ったものを探してみてください。

自分に何が似合うのか分からない場合は友人やショップスタッフに相談しながらアイテム選びをしてみても良いかもしれませんね。

清潔感がある

自分に自信をつけ、相手に良い印象を与えるには、服だけで実現できるものではなく、本人自体に清潔感が無ければいけません。清潔ではなく、あくまでも清潔「感」です。毎日お風呂に入って、髪も体も洗っていても、清潔に見えなければ清潔感が無いと見なされてしまいます。

例えば清潔感のある髪型は、きれいに洗っているのはもちろん、跳ねや乱れがなく、髪の流れが自然で整っている状態です。同じく清潔感のある顔は、洗顔されているのはもちろん、肌がきれいで無精ひげも無い状態です。鼻毛も飛び出しておらず、眉毛の形も涼しげに整えられています。

最初に顔を見て、清潔感があれば次に服を見て、ようやくおしゃれだと思うわけです。

腕時計を身につける

ビジネスにおいて腕時計を身につけるのはマナーの一つです。時間に正確という印象を与えられます。最近はスマートフォンがあれば時間を確認できますが、さりげなく瞬時に見られるという点では腕時計に敵いません。接客中でも会議中でも気づかれないでしょう。

ビジネスで身につける腕時計は、シンプルで落ち着いたデザインが基本です。文字盤はアナログで、ベルトはレザーかステンレスにしましょう。例えばOMEGAやIWC、TAG HEUERは、実用性がありながらデザインも洗練されている腕時計です。

プライベートでも腕時計があれば、ブレスレットのように手首周りのアクセントになり、ファッションが引き立ちます。リューズガードが個性的なPANERAIや、ムーブメントを覗けるZENITHあたりでセンスを発揮できるでしょう。

身なりに気を遣うようになると、ファッションに合わせて腕時計を変えたいと感じるかもしれません。そんなときに便利なのが「KARITOKE」です。会員になって月額料金を払えば、気分やファッションに合わせた腕時計をレンタルして身につけられます。他の腕時計に替えたくなったら、月に一度、お好きな腕時計に交換が可能です。

プランは4種類あり、最上級のexecutiveなら月額19,800円(税抜)で、すべてのブランドをレンタルできます。購入するよりもずっとお手頃です。

目次へ

まとめ

ファッションに気を遣うことで自分に自信が持てるようになり、周囲から受け入れてもらいやすくなります。まずは体に合ったサイズの服を着て、清潔に見えるように心がけましょう。TPOに合った腕時計を身につけるのも、相手に好印象を与えられます。

レンタル腕時計サービス KARITOKE

お好きな腕時計を月額制でレンタルすることができる新しいサービスです。憧れの腕時計をシーンや気分に合わせてファッション感覚で楽しむことができます。

返却期限無し、メンテナンス原則不要。商品が届いたその日からお楽しみいただけます。

3,980円(税抜)から19,800円(税抜)のプランまで、商品のランクに合わせて 4 つのプランで展開しております。

ネットだけでなく、有楽町マルイ店、なんばマルイ店にて実際に商品を試着してからレンタルすることができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう