洗練されたデザインと起きさが魅力的なIWCポルトギーゼのモデルの種類と相場について

腕時計の購入を検討されている方、「大きな買い物だからなかなか決められない」、「これだというものが見つからない」とお悩みの方は多いでしょう。今回はIWCのポルトギーゼの魅力についてご紹介したいと思います。

この記事は約6分で読み終わります。

IWC ポルトギーゼについて

IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)のポルトギーゼは2015年で75周年を迎えました。ロレックスとどちらを選ぶか悩まれる方も多い高級腕時計です。

では、そんなポルトギーゼの魅力とは一体どこにあるのでしょうか?
それはやはり洗練されたデザインにあるでしょう。シンプルな文字盤に適度な大きさ、厚さと全てがバランスよく作られています。ファッション的にも目を引きます。
また、デザインだけでなく、作りこまれた内部もファンが多い理由です。

次に歴史はというと、とても長く、IWC(インターナショナルウォッチカンパニー)自体は、アメリカの「フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズ」により1868年に作られました。当時、まだ27歳という若さでした。スイスの伝統とアメリカの技術を融合した時計を製造しようと考えていたのです。そして、スイスのシャフハウゼンでIWCを創設しました。

それから時を経て、今回ご紹介する「ポルトギーゼ」は1930年代の後半にポルトガル人からの依頼によって航海用の時計として開発されました。困難な依頼にも関わらず、懐中時計のムーブメントを採用し、耐久性の強い腕時計を作ったのです。サイズの大きなムーブメントを使用しているにも関わらず、ケースはシンプルに極限まで小さくできています。当時は四角いケースが一般的だったのですが、ポルトギーゼは丸いケースで時代を先取りしたような斬新なものでした。

しかし、1980年代までに製造された数はおおよそ数百本程度で、1998年に発売されたポルトギーゼ クロノグラフというモデルでヒットし、現在に至るまでのロングセラーとなります。

IWC ポルトギーゼ モデルの種類

IWCのポルトギーゼにはいくつかのモデルがあり、どれにしようか迷ってしまう方も多いでしょう。そのような方のために人気のモデルを紹介したいと思います。

まず定番となるのが先ほどの歴史でもご紹介した「ポルトギーゼ・クロノグラフ」です。1998年に登場しました。ムーブメントはETA社製Cal.7750ベース搭載で、同じ年代にこのムーブメントを搭載している腕時計とは別格にデザイン性に優れています。

「ポルトギーゼ・オートマティック」はクロノグラフのランクアップモデルです。自社で開発したムーブメントCal.5000が搭載されていました。このムーブメントは直径が38.2mmと大きいのにも関わらず、ケースとの差は約4mm弱です。

「ポルトギーゼ・ヨットクラブ・クロノグラフ」はスポーツモデルです。ケースの直径が43.5mmとサイズダウンしています。

「ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー」のローターとメダルはレッドゴールドでできており、ビスはブルースティール製、赤いルビーにブラックセラミックの部品と、とても素敵な調和です。

2017年新作には「ポルトギーゼ・クロノグラフ・クラシック」が復刻されました。文字盤がレール目盛になったり、フラットガラスになったりとリニューアルされています。

目次へ

IWC ポルトギーゼ クロノグラフ

IWC ポルトギーゼを変えベルトで楽しむ

腕時計はベルトを変えて楽しむこともできます。デザインに飽きを感じていたり、季節やシーンによって雰囲気を変えたりしたいと思っている方は検討してみてはいかがでしょうか。

ポルトギーゼに合わせたベルトはネットからでも購入が可能です。
値段は安いもので1万円を切るものもありますし、良い素材のものを選ぼうと思えば3万円程度するものもあります。純正のものは3万円前後です。

違うブランドのベルトでもサイズが合えば変えることが可能な場合もあります。金属から革製品のベルトにすることもできることがあるので、時計自体を買い替える前に検討してみてもいいかもしれませんね。

目次へ

IWC ポルトギーゼの人気モデルの新品相場

次に、気になる値段についてご紹介します。
まずは新品の場合の相場です。

・ポルトギーゼ・クロノグラフ IW371445
608,000円~799,200円(2017年8月現在)
・ポルトギーゼ・オートマティック IW500705
998,000円~1,393,200円(2017年8月現在)
・ポルトギーゼ・ヨットクラブ・クロノグラフ IW390502
968,000円~1,371,600円(2017年8月現在)
・ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー IW503302
3,500,000円~4,179,600円(2017年8月現在)

目次へ

IWC ポルトギーゼの中古品相場

新品の相場を見てきましたがなかなか良いお値段がしますよね。手が届かないけど欲しいという方は中古品を検討してみてはいかがでしょうか。相場をご紹介します。

・ポルトギーゼ・クロノグラフ IW371445
518,000円~549,800円(2017年8月現在)
・ポルトギーゼ・オートマティック IW500705
905,700円~919,080円(2017年8月現在)
・ポルトギーゼ・ヨットクラブ・クロノグラフ IW390502
798,000円~861,000円(2017年8月現在)
・ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー IW503302
2,780,000円~2,836,000円(2017年8月現在)

次に、どうせ買うなら高級なものを・・・とお考えの方に現在発売されているモデルで高いものはいくら位するのかをご紹介します。
・ポルトギーゼ・トゥールビヨン・ミステール・レトログラード IW504601
12,273,120円~13,656,600円(2017年8月現在)

更に、歴史が長いメーカーのため、アンティーク品も多く出回っています。新作ももちろん素敵ですが、アンティーク腕時計も魅力的ですよね。その一部をご紹介します。
・インヂュニア
こちらは1960年代に製造されていました。cal.853が搭載されています。ブレスタイプのベルトで35mmのケースです。
・ラウンド
1950年代に製造されました。名機と言われるCal.89を搭載しています。ケースは35mmです。
・ラウンド スモールセコンド
こちらも1950年代製造。cal.83搭載です。こちらもケースは35 mmとなっています。

廃番となりレアなモデルもあります。探している方も多いのではないでしょうか。それは、ポルトギーゼ・クロノ・オートマチックIW371411。通称パンダと呼ばれ希少価値が高いです。パンダと呼ばれているのは白の文字盤に黒のインダイヤルが2つ付いているからです。とても斬新なデザインでレアだと言われるのも納得ですよね。

このように歴代多くのモデルを出してきたIWCのポルトギーゼ。愛好家が多いこだわり抜かれた腕時計ということも納得です。決して安い買い物ではありませんが、生涯持つことのできる時計なので後悔しないでしょう。

目次へ

レンタル腕時計サービス KARITOKE

width=800

お好きな腕時計を月額制でレンタルすることができる新しいサービスです。憧れの腕時計をシーンや気分に合わせてファッション感覚で楽しむことができます。

・返却期限無し、メンテナンス不要。商品が届いたその日からお楽しみいただけます。

・3,980円(税込4,378円)から19,800円(税込21,780円)のプランまで、商品のランクに合わせて5つのプランで展開しております。

・ネットだけでなく、有楽町マルイ店にて実際に商品を試着してからレンタルすることができます。

KARITOKEはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう