カルティエ バロンブルーで品格を

シックなデザインでありながら、遊び心を感じさせてくれるカルティエの腕時計。その中でもリューズに特徴がある「バロンブルー」が、女性を中心に人気を集めています。どのような魅力があるのでしょうか。

この記事は約6分で読み終わります。

大人の品格カルティエ バロンブルー

 

カルティエは、1847年に宝石細工師のルイ=フランソワ・カルティエが設立したブランドです。当初は宝石がメインであり、時計はブローチやネックレスなど装飾品の一部でしかありませんでした。

そんなカルティエにとって初の本格的な腕時計が、友人の飛行家のため1904年に造られた「サントス」です。視認性や操作性、装着性に優れ、量産も可能だったことから、腕時計が幅広く普及するきっかけとなりました。以降、腕時計は宝石と並んでカルティエの代名詞となり、タンクやパシャといった名作を世に送り出しています。

バロンブルーが登場したのは2007年で、カルティエの中では新しいモデルです。フランス語で「青い風船」という意味であり、本体に埋め込まれたリューズに青いカボションカットのサファイア(廉価モデルはスピネル)があしらわれています。全体的に丸みを帯びたデザインが風船を彷彿とさせるでしょう。

ローマ字のアワーマーカーやブルースティールの針(一部モデルを除く)はサントスやタンクとも共通しますが、バロンブルーはデザインのおかげで軽やかさを感じられます。価格は安くても50万円台からと高級腕時計でありながら、さりげなく身につけられるのが魅力です。

メンズとレディースの両方がラインアップされており、メンズは30モデルで文字盤のサイズは36~42mm、レディースは84モデルでケースのサイズは28~42mmです(2018年10月現在)。高価なモデルになるほどケースやベゼル、ベルトがゴールドになったり、随所にジュエリーがあしらわれたりしています。

メンズとレディースでデザインが共通しているモデルもあるので、ペアウォッチとしても楽しめそうです。

目次へ

カルティエ バロンブルーのモデル紹介

カルティエバロンブルーは、メンズとレディースを合わせると100以上のモデルがあります。その中でどれが売れ筋なのか、インターネットのランキングを基に5つ紹介します。

・W69010Z4

レディース用で、ケースのサイズは28mmです。定価は537,300円(税込)で、バロンブルーの中でもエントリーモデルに位置づけされます。ケースやベルトはシルバースティールで、ムーブメントはクオーツと、シンプルなデザインで扱いやすいのが特徴です。

・W69017Z4

メンズ用で、ケースのサイズは36mmです。定価は653,400円(税込)ですから、比較的購入しやすい部類に入ります。ケースはシルバースティールで、ベルトは黒のレザー、ムーブメントは自動巻きです。ビジネスシーンに馴染みつつ、腕時計好きな男心もくすぐってくれるモデルです。

・WSBB0025

メンズ用で、ケースのサイズは42mmです。バロンブルーの中で唯一の青い文字盤が目を引きます。シルバーのケースと青いレザーベルトのコントラストも美しいです。その色合いから、光の反射によって様々な表情を見せてくれます。定価は726,300円(税込)です。

・W6920089

メンズ用で、ケースのサイズは40mmです。グレーの文字盤に、ピンクゴールドの針とアワーマーカーとケース、黒いレーザーベルトという組み合わせからは渋さを感じさせます。定価は1,965,600円(税込)と高めですが、大人の男性が身につけたいモデルです。

・WE902073

バロンブルーのレディース向けには、アワーマーカーがダイアモンドになっているのがいくつかあり、その中で最もお手頃なのがこのモデルです。ケースのサイズは28mmで、定価は712,800円(税込)となります。ケースとベルトは共にシルバースティールですから、TPOを問わず身につけられるでしょう。

カルティエ バロンブルーの価格相場

カルティエバロンブルーは、カルティエ以外の時計店でも販売されています。先述のとおりバロンブルーには定価があり、正規代理店ではその価格でないと購入できません。一方、それ以外の時計店では海外からの並行輸入品を販売しているため、自由に価格を決められます。同じバロンブルーでも定価より安く購入できるのがメリットです。

相場は定価の7~9割で、高級モデルになるほど割引率は高くなります。例えばW6020089は定価が1,965,600円(税込)ですが、並行輸入品は140万円台です(2018年10月現在)。ただし、並行輸入品の価格は為替相場や在庫の影響を受けるため、時期によって大きく変動します。

カルティエ バロンブルーの中古買取相場

カルティエバロンブルーは登場してからの歴史が浅いため、アンティークとしての評価はされず、使用感がそのまま査定結果に反映されます。買取相場は保存状態が良いもので定価の4割程度、高く買い取ってくれる業者で5割前後です。

その中でもクロノグラフを搭載したり、ゴールドと組み合わせたりしたモデルは人気が高く、6割ほどで買い取ってくれる可能性があります。逆にレザーベルトは研磨ができないため、金属製に比べて査定結果が低くなりがちです。

高く買い取ってもらうには、できるだけ外観をきれいにするのはもちろん、保証書や箱といった付属品を捨てずに揃えておきたいところです。オーバーホールや修理をしたなら、その証明書も欠かせません。またバロンブルーに限らず、腕時計は使わなくなると早く劣化するため、しまい込むくらいならすぐに手放したほうが良いでしょう。

カルティエ バロンブルーの中古販売相場

中古のカルティエバロンブルーの販売相場は、概ね定価の6~7割です。並行輸入品と比べても2~3割安い価格で販売されています。1割違うだけで5~10万円の差があるため、使用感が気にならなければ中古も選択肢に入るでしょう。とはいえ中古でも30万円以上しますから、いきなり購入するのはためらわれてしまいます。

そこでおすすめしたいのが腕時計のレンタルサービス「KARITOKE」(https://karitoke.jp/)です。月額料金だけで有名ブランドの腕時計をレンタルできます。バロンブルーであれば月額9,800円(税抜)のプレミアムプランです。

有料会員である限り同じ腕時計をレンタルできますし、月に1回他の腕時計に交換することもできます。まずはバロンブルーを身につけたい、あるいは一時的に使いたいときなどに役立ちそうです。

目次へ

まとめ

カルティエのバロンブルーは、風船を彷彿とさせる丸みを帯びたデザインと、本体に埋め込まれた青い宝石のリューズが魅力です。高級腕時計でありながら、さりげなく身につけられる軽やかさがあります。レンタルなら、お手頃価格で身につけられるでしょう。

レンタル腕時計サービス KARITOKE


お好きな腕時計を月額制でレンタルすることができる新しいサービスです。憧れの腕時計をシーンや気分に合わせてファッション感覚で楽しむことができます。

返却期限無し、メンテナンス不要。商品が届いたその日からお楽しみいただけます。

3,980円(税抜)から19,800円(税抜)のプランまで、商品のランクに合わせて 4 つのプランで展開しております。

ネットだけでなく、有楽町マルイ店、なんばマルイ店にて実際に商品を試着してからレンタルすることができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう