デキる男は必需品を揃えている!ビジネスマンにおすすめの持ち物

ビジネスマンは身だしなみが命です。どんなに能力が高くて人柄が良くても、身だしなみが整っていなければ相手は心を開いてくれません。もちろん、身だしなみには持ち物も含まれています。何を持ち、どのように選べばいいのでしょうか。

この記事は約5分で読み終わります。

ビジネスマンとして持つべきものは?

 

まずはビジネスマンが持ち歩きたい必需品を紹介します。

腕時計

ビジネスでは、いくつもの約束や予定が同時進行しているので、こまめに時間を確認する必要があります。最近はスマートフォンでも見られるようになりましたが、会議や取引、打ち合わせなど、大事な話をしているときに操作するのは相手に失礼です。その点、腕時計であれば、何かのついでに少し目線をずらすだけで時間を確認できます。

また、相手側からすると、腕時計をつけているのは時間の管理がしっかりできている証です。この人なら時間を守ってくれるという安心感を与えられます。

ビジネスで身につける腕時計は、アナログの文字盤で、革かステンレスのベルトが基本です。デジタル表示やラバー、ナイロンなどカラフルなベルトは、カジュアルな印象を与えてしまいます。そのような腕時計はプライベートで身につけましょう。

大きさは、腕を下ろしたときに文字盤がチラリと覗く程度が目安です。色やデザインは、着ているスーツに合わせましょう。色はシルバーが合わせやすいですが、肌が黄色がかっている(イエローベース)なら、ゴールドもなじみます。

ボールペン

ビジネスマンはボールペンにもこだわりたいところです。高級なボールペンは100円台の消耗品に比べて、書き味や持ちやすさ、デザイン、質感が大きく異なります。周りに対しても、文字に気を遣っている人という印象を与えられるでしょう。胸ポケットに忍ばせて、会議や商談などで使いたいところです。

財布

財布は会計をするときに見られています。レジ打ちの店員だけでなく、同席している人もです。こんなとき、ボロボロの財布を見せられると、お金に無頓着な人だと思われてしまいます。高級でいつも手入れされている長財布を持ち歩きたいものです。

安物の財布はビニールや合成皮革を使っているために、すぐボロボロになります。値は張りますが、革の財布なら長持ちしますし、使っているうちに味わいが出てくるでしょう。

入れるのはお札とカード数枚だけにして、小銭はコインケースに入れて持ち歩きます。レシートは入れっぱなしにせず、毎日取り出しましょう。そうすれば財布は膨らまず、いつでもスマートです。

色は黒や茶色がスーツに合います。黄色は金運が良くなるといわれますが、ビジネスでは悪目立ちするので、避けたほうが無難です。

名刺入れ

ビジネスマンが持つ必需品の中でも、名刺入れは相手が最初に目にするものです。こちらも安物では相手の印象が良くないので、革製でしっかりした作りのものを持つようにしましょう。選ぶ基準は出し入れしやすくて、ある程度枚数が入るものです。

金属製の名刺入れもありますが、革と違って使用感が味わいになりにくいので、傷が目立つようならすぐに交換したほうが良さそうです。

目次へ

持ち物にこだわるメリット

 

では、ビジネスマンが持ち物にこだわるのは、どのようなメリットがあるのでしょうか。

信頼感を得られる

上質な持ち物は、自分からいわなくても、その良さが相手に伝わります。必然的に格のある人だとみなされるようになるわけです。信頼性が高くなり、打ち解けて話をしてくれるようになります。そこからビジネスに発展すれば、成功を収められるでしょう。

仕事がデキる印象を持たれる

すぐに劣化してしまう持ち物は、長期的なコストパフォーマンスを考えると使い勝手も良くありません。お金も時間もロスします。その点、上質な持ち物は、こうした問題が無いので無駄がありません。持ち物の手入れが行き届いている人は、自己管理ができて、仕事でも適格な判断ができると思われます。

目次へ

【年代別】ビジネスマンとして持っておきたい「腕時計」の選び方

 

最後にビジネスマンの持ち物としてふさわしい腕時計の選び方を、年代別に紹介します。

20代

20代は新鮮な初々しさが魅力です。腕時計も実用的でありながら、品があってシンプルなデザインのものが良いでしょう。ブランドでいえば、セイコーやオリエント、ダニエルウェリントン、ハミルトンあたりです。逆に、高級な腕時計は背伸びしている印象を与えてしまうこともあるでしょう。

30代

仕事の最前線で活躍する30代は、知的で洗練されている腕時計が似合いそうです。オメガやIWC、グランドセイコー、パネライなど、機能性とデザインが両立しているブランドが該当します。

40代

40代はどっしりと構えて、部下たちを支えるポジションです。落ち着きや貫禄を感じさせる腕時計が良いでしょう。ロレックスやロンジン、ジャガールクルト、ブレゲといった伝統のあるブランドです。腕時計にふさわしい自分になろうと、気持ちも奮い立ちます。

そんな高級ブランドの腕時計を気軽にレンタルできるのが「KARITOKE」です。会員になって月額料金を支払うと、プランに応じて好きなブランドの腕時計をレンタルできます。最上級のexecutiveなら、月19,800円(税抜)ですべてのブランドが対象です。

目次へ

まとめ

ビジネスマンとして持ち物にこだわると、相手から信頼されて、仕事ができるという印象を持たれます。また、持ち物から、腕時計やボールペン、長財布、名刺入れは上質感があって、スーツに合ったものを選ぶようにしましょう。

レンタル腕時計サービス KARITOKE

お好きな腕時計を月額制でレンタルすることができる新しいサービスです。憧れの腕時計をシーンや気分に合わせてファッション感覚で楽しむことができます。

返却期限無し、メンテナンス原則不要。商品が届いたその日からお楽しみいただけます。

3,980円(税抜)から19,800円(税抜)のプランまで、商品のランクに合わせて 4 つのプランで展開しております。

ネットだけでなく、有楽町マルイ店、なんばマルイ店にて実際に商品を試着してからレンタルすることができます。