腕時計好きにはたまらない!オーデマピゲ ロイヤルオークの魅力とは?

パテックフィリップ、ヴァシュロンコンスタンタンと並び世界三大高級時計の一角を占めているオーデマピゲ。世界で最も薄い腕時計用手巻きムーブメントをいち早く開発するなど常に時計業界をリードしてきたオーデマピゲの代名詞といわれているのが『ロイヤルオーク』になります。

この記事は約6分で読み終わります。

オーデマピゲ ロイヤルオークの魅力

1875年にルイ・オーデマとオーギュスト・ピゲという二人の時計師が最高の複雑時計を作り上げるという目標のもとに立ち上げ、世界初であるグランドコンプリカシオン懐中時計1882年に、1892年には世界初のミニッツリピーター腕時計など革新的な腕時計を世に送り出してきたのが高級腕時計メーカーのオーデマピゲです。

・歴史

ロイヤルオークが発表されたのは1972年です。それ以前もオーデマピゲは複雑機構を搭載している高級時計メーカーとして名が知られていましたが、ロイヤルオークの登場によってオーデマピゲというブランドの知名度が格段に高まりました。

・基本情報

ロイヤルオークは世界で初めて素材にステンレススチールを採用した高級スポーツウォッチで、発表されると同時に「高級時計の常識を覆す」と大きな反響を巻き起こしました。というのも、1970年代の高級時計は貴金属を使って作ることが常識とされていたため、ステンレスを高級時計に使うということは考えられないことだったからです。

素材にステンレススチールを使用しているというのがロイヤルオークの特徴のひとつではありますが、最大の特徴というとオクタゴン(8角形)ケースです。一目見てロイヤルオークと分かるデティールが40年以上愛され続けている理由でもあります。

・魅力

ロイヤルオークの魅力は何といっても強い異彩を放つ革新的なデザインです。船の舷窓をモチーフにしたベゼルや、ケースと一体化したブレスレット、ベゼルとケースバックを貫く8本のネジなどは高級スポーツウォッチの中で他に例をみないデザインとなっています。

目次へ

オーデマピゲ ロイヤルオークの売れ筋をご紹介

オーデマピゲ ロイヤルオークの売れ筋モデルをご紹介していきます。

・ロイヤルオーク オートマティック

ロイヤルオークの中でも定番のモデル。ダイヤル内にはルテニウムカラーのグランド・タペストリー模様あしらわれており、ベゼル、ケース、ブレスレットには優れた職人技が光るポリッシングが施されています。

・ロイヤルオーク クロノグラフ

12時間、30分、スモールセコンドの積算式3カウンターとデイト機能が搭載された売れ筋モデル。グランド・タペストリー模様のダイヤルにクロノグラフカウンターが配されているデザインは一目見たら忘れられない存在感があります。

・ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ

磁波から時計を守るためにハイテク素材と部品が使われているモデル。メガタペストリーのパターンの文字盤と堂々とした大きめのケースが目を惹きます。

・ロイヤルオーク パーペチュアルカレンダー

複雑時計の伝統メーカーの矜持をみることができるモデル。ダイヤルに曜日、月、デイト、アストロノミカルムーンが表示されます。ベゼル、ケース、ブレスレットは上品なヘアライン仕上げになっています。

・ロイヤルオーク ダブルバランスホイール オープンワーク

ダイヤル上からオーデマピゲの複雑機構をみることができるモデル。精度と安定性が向上する「デュアルバランス」という特許技術が採用されています。

目次へ

オーデマピゲ ロイヤルオークの標準価格とは

オーデマピゲ ロイヤルオークの標準価格は以下の通りです。

・オートマティック 178万円~220万円

・クロノグラフ 259万円

・オフショア

・クロノグラフ 215万~491万円

オーデマピゲ ロイヤルオークの中でも複雑な機構を搭載したモデルは価格が高く、うるう年にまで対応した調整の要らないカレンダーである『パーペチュアルカレンダー』を搭載したモデルの価格は653万~820万円となっています。

また、素材に貴金属を使用しているモデルは価格が当然ながら高くなります。例えば、ケースが18Kピンクゴールド製のモデルは285万~437万円、ケース・ブレスレットが18Kピンクゴールド製のモデルでは540万~610万円、ケースがプラチナ製のオフショアモデルに至っては710万~750万円です。さらに、ケースにカットダイヤがあしらわれたモデルも複数あり、価格は250万~896万円と幅があります。

目次へ

オーデマピゲ ロイヤルオークを買い取ってもらう時の相場

オーデマピゲ ロイヤルオークを中古で買い取ってもらうときの相場は以下の通りです。

・オートマティック 125万~135万円

・クロノグラフ 160万~180万円

・オフショア

・クロノグラフ 150万~170万円

・パーペチュアルカレンダー 400万~500万円

・ケースがプラチナ製のオフショアモデル 450万~500万円

オーデマピゲ ロイヤルオークの中で相場が高くなりやすいのが、文字盤が黒でベルトがステンレス製の時計です。また、ロイヤルオークは文字盤の大きさが37mm、39mm、41mmと3種類ありますが、文字盤が大きくなればなるほど買い取り相場が高くなるという傾向もあります。

オーデマピゲ ロイヤルオークにはパーペチュアルカレンダー・ミニッツリピーター・トゥールビヨン・スプリットセコンド・クロノグラフといった複雑な機構が搭載されたモデルも多く存在しています。これらの機構が搭載されていると買い取り相場も一気に跳ね上がります。

ケースが18Kピンクゴールド製のモデルやケース・ブレスレットが18Kピンクゴールド製のモデル、ケースにカットダイヤがあしらわれているモデルなどは定価がもともと高いために査定額も高くはなります。しかし、素材がステンレススチール製と比較して、貴金属の買い取り率が大幅にアップするというわけではないので注意しておきましょう。

目次へ

オーデマピゲ ロイヤルオークを中古で手に入れるときの相場

オーデマピゲ ロイヤルオークを中古で購入するときの相場をご紹介していきますので、購入も検討している場合は参考にしてみてください。

・オートマティック 128万~158万円

・クロノグラフ 168万~208万円

・オフショア

・クロノグラフ 121万~468万円

・パーペチュアルカレンダー 613万~780万円

・ケースが18Kピンクゴールド製のモデル 152万~368万円

・ケース、ブレスレットが18Kピンクゴールド製のモデル 368万~538万円

・ケースがプラチナ製のオフショアモデル 518万~568万円

・ケースにカットダイヤ 140万~800万円

目次へ

まとめ

腕時計好きにはたまらない魅力あふれるオーデマピゲの高級スポーツウォッチ『ロイヤルオーク』。世界で初めてステンレススチールを採用した高級時計ですが、貴金属を採用したラグジュアリーあふれるモデルもあります。1本1本の個性が豊かで、充実のバリエーションなのもロイヤルオークの魅力といえるでしょう。

レンタル腕時計サービス KARITOKE



お好きな腕時計を月額制でレンタルすることができる新しいサービスです。憧れの腕時計をシーンや気分に合わせてファッション感覚で楽しむことができます。

・返却期限無し、メンテナンス不要。商品が届いたその日からお楽しみいただけます。

・3,980円から19,800円のプランまで、商品のランクに合わせて 4 つのプランで展開しております。

・リアルショップを東京・有楽町マルイ8F、大阪・心斎橋にオープン。ネットだけでなく、実際に商品を試着してからレンタルすることができます。

KARITOKEで時計を借りたい方はこちらから